2011年09月13日13時10分

ブルートゥース対応『S760』、タッチパネル採用『A860』、ソニーから新ウォークマン登場!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

定番デジタルオーディオプレイヤー“ウォークマン”シリーズが、全機種ブルートゥース対応になり、ワイヤレスで視聴できるようになりました!

WALKMAN S760(10月8日発売予定)

  2インチ液晶搭載、スリムタイプの“S”シリーズがブルートゥース対応になりました。ブルートゥース対応イヤホン『MDR-NWBT10N』は、ワイヤレス接続ながら、アナログノイズキャンセリングに対応。バッテリー切れ時も、ウォークマン本体から充電できます。もちろん有線接続のイヤホンではデジタルノイズキャンセルになります。
イヤホン以外にもドックなどにもワイヤレス接続可能。ウォークマン本体の電源を入れれば、一番使う機器に自動的に接続されるなど工夫も満載。

『NW-S760シリーズ』
『NW-S766』(32GB) 予想実売価格 2万円前後
『NW-S765』(16GB) 予想実売価格 1万7000円前後
『NW-S764』(8GB) 予想実売価格 1万4000円前後

ウォークマンS&A ウォークマンS&A
ウォークマンS&A ウォークマンS&A

『NW-S760Kシリーズ』(スピーカー付属モデル)
『NW-S765K』(16GB) 予想実売価格 2万円前後
『NW-S764K』 (8GB) 予想実売価格 1万7000円前後

ウォークマンS&A ウォークマンS&A

『NW-S760BTシリーズ』(Bluetoothヘッドホン付属モデル)
『NW-S764BT』(8GB) 予想実売価格 2万円前後

ウォークマンS&A ウォークマンS&A

ソニーストア限定モデル(アンティークローズゴールド)
『NW-S764/NI』 直販価格 1万5800円
『NW-S764K/NI』 直販価格 1万8800円


 

WALKMAN A860(10月8日発売予定)

 ハイエンドモデルの“A”シリーズは、タッチパネル対応とサウンド面の強化がポイント。
前モデルでは、Sシリーズと似たボタン類が配置されていたが、2.8インチのタッチパネル液晶を初採用。タッチで画面を見ながら操作できるようになったほか、側面に装備した再生ボタンやボリュームスイッチなどで、すばやく操作することも可能だ。
音質面では新たな高音質技術『S-Master MX』を採用。従来より信号処理のプロセスを単純化し、ノイズやゆがみを低減する。
そのほか、今までSシリーズのみだった、CDなどからのダイレクトエンコーディング(録音)時に、リニアPCMでの録音にも対応。
また、人気のピンクでも64GBモデルがラインアップに加わったのもうれしいポイント。

『NW-A860シリーズ』
『NW-A867』(64GB) 予想実売価格 3万5000円前後
『NW-A866』(32GB) 予想実売価格 2万5000円前後
『NW-A865』(16GB) 予想実売価格 2万円前後

ウォークマンS&A ウォークマンS&A
ウォークマンS&A ウォークマンS&A

●ソニー(関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking