2011年09月09日18時02分

手軽に微速度撮影できるキングジムの『レコロ』がオモシロイ!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
レコロ

  カメラのシャッターを一定時間ごとに切って記録しつづける微速度撮影(タイムラプス撮影とも)ってご存じですか? ドキュメンタリー番組とかで流れる、草花の開花や日の出日の入り、雲が流れる映像なんかもそんな感じで撮影されることがあります。

従来のデジカメの場合、インターバル撮影機能で撮った何百枚もの画像をパソコンでつなぎ合わせて完成するのですが、ちょっと面倒なんですよね。

 これを超簡単にしてくれるのが、キングジムの『レコロ』。名前も形もポップでかわいい感じがしますが、屋外でも使える防雨設計(IPX3相当)の本格派。3秒ごとの撮影で約2000枚(約100分間)、24時間ごとなら約365枚(約1年間!)の記録が可能。カメラ内部で動画を生成するので、つなぎ合わせる編集の手間も入りません。解像度が640×480ドットと低めなのがちょっと残念ですが、動画オンリーと考えると悪くないかと。

いまなら、週アスストアでも予約してます!
オンラインでの購入はこちらでどうぞ(品切れてしまったらすみません)
微速度撮影カメラ『レコロ』
 

 本体カラーはオレンジとホワイトの2色

 

 

レコロ

 


   液晶は撮影設定用     単三電池2本で動作

レコロ レコロ

 

三脚が付属します

レコロ



レコロ 微速度撮影例

東京タワーと太陽
 

 
朝顔の開花


カイワレの発芽


こんなのもアリ?

 

キングジム
『レコロ』

 カメラ      CMOSセンサー(640×480ドット)
レンズ     f=2.53mm(35ミリ換算:32.5mm)、F=2.4±5%
ファイル形式 AVI(Motion-JPEG)
撮影距離   約50cm~∞
対応メディア SDHCカード
防水性能   保護等級IPX3相当(防雨形)
電源      単三電池×2本
         3秒間隔の撮影で約2,000枚、24時間間隔の撮影で約365枚
サイズ     約73(W)×30(D)×102(H)mm

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking