2011年07月14日13時00分

3Dも高画質化できるソニーのBDレコーダー『BDZ-AT750W』、『BDZ-AT350S』が登場!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

ソニーはBDレコーダーの新モデルとして『BDZ-AT750W』、『BDZ-AT350S』の2機種をラインアップ。8月6日より発売する。

『BDZ-AT750W』
ソニーBD/DVDレコーダー

『BDZ-AT750W』、『BDZ-AT350S』に共通するおもな新機能は3つ。
1)3D映像も高画質化する高画質回路“CREAS(クリアス)4”を搭載──最適な3D画質に自動調整するおまかせ画質モードの適用や、3D映像に対しても輪郭や精細感のカスタマイズが可能になっている。

2)“3Dカメラ取り込み”機能搭載──AVCHD Ver.2に対応、3D動画・静止画のHDD取り込みが可能になったほか、フルHDの3D動画だけでなく、“60p”方式で記録された動画もHDDに取り込める。

3)長時間録画でさらなる高画質化をはかる──“インテリジェントエンコーダー3”搭載。人物や風景、動きの速いスポーツシーンなど、映像を解析しながら最適かつ高画質での長時間録画を実現。

ソニーBD/DVDレコーダー

写真上が『BDZ-AT350S』、写真下が『BDZ-AT750W』。一見、見分けがつかないが……。

ソニーBD/DVDレコーダー

側面から見比べると、奥行きに差が! 

『BDZ-AT350S』(写真上)は地デジ、BS/CSシングルチューナー搭載のシングルモデル、『BDZ-750W』(写真下)は地デジ×2、BS/CS×2基搭載のダブルチューナーモデルだ。

おもなスペック
『BDZ-750W』
予想実売価格 8万5000円前後
8月6日発売予定
●HDD 500GB
●チューナー 地デジ×2、BS/CS×2
●サイズ 430(W)×283(D)×49.5(H)mm

『BDZ-AT350S』
予想実売価格 6万5000円前後
8月6日発売予定
●HDD 500GB
●チューナー 地デジ、BS/CS
●サイズ 430(W)×233(D)×49.5(H)mm

スマホ連動サービス『Koe-Kara』がXperia以外にも対応!
ソニーBD/DVDレコーダー

 8月6日、『BDZ-AT750W』と『BDZ-AT350S』の発売に合わせ、同社のBDレコーダーのスマートフォン連動機能が強化する。
 音声認識を利用した番組検索、録画予約ができるAndroid用アプリ『Koe-Kara』の対応機種は、これまでXperiaのみだったが、Android OS搭載のスマートフォン(ドコモ、au、ソフトバンク)を対象に、順次対応機種を拡大予定。(対応機種はウェブ上で順次公開予定)。

「火曜深夜のアニメっ!」などと音声で入力すると、該当番組を探してくれるユニークなサービス。Xperia以外にも対応機種が増えるといいなあと思っていました。このサービスはぜひ使ってみたい!

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking