2011年06月14日13時00分

カスペルスキーのセキュリティーソフト『Internet Security 2011』がすごい!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
KIS2011

Kaspersky
Internet Security 2011

カスペルスキー
価格 1万2075円(2年3台、パッケージ版)
販売:ジャストシステム
フル機能を30日間無料試用


KISで鉄壁の守りがカンタンに手に入る!
 サーバ/PCからスマートフォンまで、あらゆるプラットフォーム上の脅威に対抗し続けているカスペルスキー。『Kaspersky Internet Security 2011』(KIS)は、同社の定評ある防護技術を結集した総合セキュリティーソフトとして、高性能と使いやすさの両立を目指した。これまでは、防御性能の高さや細やかな設定項目から“上級者向け”と思われがちだったが、新バージョンでは必要設定が自動で最適化されるなど、より使いやすく洗練された。
 機能面では従来からの強化に加え、ウェブアクセスに関する新機能も搭載。独自の仮想化技術による“セーフブラウザー”は、オンラインバンキングやネットショッピング利用者なら必見の機能だろう。仮想化技術はアプリ実行時にも利用でき、保護された仮想環境上で安全に実行できる。
 気軽に利用できるサポート体制も充実。「処理速度が遅くなる?」や「設定が面倒?」といった購入前の疑問から、導入後の設定に関する質問を、電話やメールで1年365日受け付けているので、ぜひ活用したい。

KISメイン画面
Kaspersky

●ペアレンタルコントロール
子どもに見せたくないサイトへのアクセス禁止、制限を行なう。ログの記録も可能。

●仮想実行
ブラウザーやアプリを安全な環境で実行し、個人情報を保護。セキュリティキーボードも搭載。

●各種プロテクション

データ ファイルのスキャンやアプリの権限制限などを実行する
システム システムの怪しい動きをキャッチして、ウィンドウズを保護
オンライン ネット経由の脅威からの保護やネットワークの監視を行なう


 


最強のプロテクションを手に入れる!
素早い“敵”の動きに三方面から徹底抗戦!

 ネットの脅威は約2秒ごとに生まれていると言われる。このスピードに対抗するには、常に最新情報が必要。KISでは、クラウド型セキュリティーデータベース“カスペルスキーセキュリティネットワーク(KSN)”と、PC内にあるローカル定義データベースの自動更新により常に最新の安全性を保つ仕組みになっている。これにアプリやブラウザーを独立した安全な環境で実行できる“仮想実行”を組み合わせることが、未知の脅威を侵入させず、高い安全性を保つことができる秘密だ。

 

●セーフブラウザーで安全なオンラインバンキングを!
“セーフブラウザー”とは、直接OSにアクセスしない“仮想環境内ブラウザー”のことで、HDD内の重要な個人情報を盗みだされる心配がない。すでに100以上もの国内金融機関のサイトに対応しており、ウェブブラウザーでアクセスすると自動的にセーフブラウザーが起動する。また、同機能を適用させたいサイトを任意で登録することもできる。

緑のふちのブラウザーが起動する
Kaspersky

“仮想実行”から“セーフブラウザー”を選択すると、緑のふちで囲まれたブラウザーが立ち上がる。ファイルの保存先を特定フォルダーに限定することで安全性を高めている。

 

●KSNで全世界の最新ウィルス情報をリアルタイムに収集!
 KSNは、全世界のカスペルスキーユーザーからの脅威情報を結集したクラウド型セキュリティーデータベースだ。情報は定義データベースとして自動的に集約/配信され、さらに疑わしいファイルが発見されると緊急探知システムにより約40秒でデータベースに反映される。KIS2011からは、接続先URLの判定も可能になった。

KSNへデータ送信するかどうかは任意で決められる
Kaspersky

KSNへのデータ送信許可はインストール時に行なえる(あとから変更も可能)。接続先URLの判定が可能になり、悪質なサイトをブロックする新機能“セーフサーフ”が搭載された。

 

●アプリケーションの実行もセーフデスクトップで安心!
 セーフブラウザーに加え、今回の新バージョンからはデスクトップを仮想化するセーフデスクトップ機能を搭載した。緑のふちに囲まれたセーフデスクトップ内でアプリを実行できる。この環境はシステムから独立しているため、危ないアプリを実行しても影響を受けない。怪しいアプリのテスト環境として活用することもできる。

特定フォルダーを利用してファイルを交換
Kaspersky

セーフデスクトップ画面は緑のふちで囲まれる。“Kaspersky共有フォルダー”を使用すれば、通常のデスクトップ画面とのファイル交換もできる。

 

●アンドロイドOSウィルスもただいま急増中
 着実に増加するアンドロイド搭載端末だが、そこに付け入るウィルスも急増中だ。'11年1月末~2月にかけての増加率はなんと約40倍だ。現在同社ではアンドロイド版『カスペルスキーモバイルセキュリティ9』を無料配布中。こちらも試してみよう。

紛失や盗難にもしっかり対応
Kaspersky

メインとなるアンチウィルス機能のほか、迷惑電話やSMSスパムのブロックも可能。離れた場所にある端末の機能のリモートロックや、GPS機能での追跡にも対応する。スマートフォン向け機能は特設サイトでチェック!

アンドロイド版情報は特設サイトで!
Kaspersky

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking