2011年06月03日02時44分

COMPUTEX TAIPEI 2011

NVIDIAの次世代Tegra『Kal-El』 性能はTegra2の5倍!!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 NVIDIAは“TEGRA SUPER TABLETS/PHONES ”と題して、ブースの一角にTegra専用コーナーを設置。そこでは、次世代Tegra『Kal-El』による技術デモが行なわれていました。

ヘビーなゲームもサックサク

TegraKal-El

↑カプコンの『ロストプラネット2』をKal-El搭載のテスト機でデモンストレーション。本当にタブレット!? と思うくらいキレイでサクサク動いてます。

 Kal-El搭載機はタブレットが9月、スマートフォンは年末ごろ登場予定。この技術デモを見てしまうと、出たら即買い! と思ってしまいます。

 同ブースでは、Kal-El以外にもTegra2を搭載したタブレットやスマートフォンを展示。やはりこちらもゲームをメインにデモンストレーションが行なわれていました。Tegra2搭載機の性能もKal-Elのデモを見なければ、これで十分と思ってしまうレベルです。

薄い!速い!の『Galaxy 10.1』

TegraKal-El

↑iPad2に対抗できるのはこれしかないような気がします。それくらい薄くて、動作もサクサク。

中華ドロイドだって爆速

TegraKal-El

↑中国メーカーTianyu製のTegra2搭載スマホ『K-TOUCH W700』。驚くほどサクサクの操作感でストレスなし。

こんなに小さいTegra2のチップ

TegraKal-El

↑うしろの約2センチの台湾ドルよりも小さい、吹けば飛ぶようなサイズのTegra2チップ。

 タブレットでは、現在発売されているハイエンドモデルの多くがTegra2を採用しており、ほかのメーカーから一歩も二歩もリードしているといった感じのNVIDIA。そんなイケイケのNVIDIAのモバイル部門責任者マイケル・レイフィールド氏に、Tegraシリーズの秘密を直撃インタビューしてきました。

Galaxy Tab10.1がお気に入りのレイフィールド氏

TegraKal-El

 未発売のGalaxy Tab10.1を持参してきた同氏。べた褒めで、いたくお気に入りの様子でした。

―― Tegra2が絶好調のようですね

 現在6月末までに1000万個のTegra2チップが出荷される予定です。世界のトップ20の携帯ベンダーのうち、14社がTegraを使ったデバイスを販売している状況です。

3.1ならさらにパワフルに

TegraKal-El

↑同じハニカムでもバージョン3.0から3.1にアップするとマルチコアへの最適化が進み、 Tegra2は約30パーセントの性能アップになるとのこと。

―― Tegra3もすごくパワフルなプラットフォームのようですが?

 まだTegra3という名前になるかは決まってないですけどね(笑)。次世代Tegraの『Kal-El』はTegra2と比べて、CPUがデュアルコアからクアッドコアに、GPUは8コアから12コアにアップします。トータルすると、約5倍の性能アップになります。

―― 一気に5倍っすか!?

 2014年登場予定の『STARK』はTegra2の100倍の性能になる計画です。さらに、携帯用のベースバンドプロセッサーメーカーIcera社の買収も完了したので、同社の技術も取り入れていく予定です。動画性能だけでなく、通信機能でもほかのメーカーに引けを取らないプラットフォームに成長しますよ。

3年で100倍の性能に

TegraKal-El

↑2012年にはTegra2の10倍の性能となる『WAYNE』、そして2014年の『STARK』で100倍の性能を実現するとのこと。

 このインタビューの翌日行なわれたマイクロソフトの発表会では、ウィンドウズ8搭載タブレットのデモが行なわれました。このタブレットもプラットフォームは『Kal-El』とのこと。Tegraシリーズの快進撃はしばらく止まりそうにありません!

最新ガジェットがザクザク
COMPUTEX TAIPEI 2011最強特集

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking