2011年05月25日00時03分

トランスフォーム! ユナーイト!!  変形するAndroidタブレット『Eee Pad Transformer TF 101』が編集部にやってきたぁ!!!!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

6月中旬発売と昨日アナウンスされた『Eee Pad Transformer TF 101』。本日週アス編集部に到着しました! 
まずは写真で全面をじっくりどうぞ。

 

タブレット部とキーボード部が合体した、ノートPC状態。バッテリー駆動時間(公称値)は、タブレット部のみの場合は9.5時間、ノートPC状態時は16時間。バッテリーはタブレットとキーボード部分それぞれに搭載されているので、合体すると駆動時間がググッと延びます。

0524 Eee Pad Transformer TF 101 photo1

 

 

ノートPC状態で閉じたときの右サイド。キーボード部にSDカードスロットとUSBがあります。タブレット部にはミニHDMI出力端子やマイクロSDカードスロット、ヘッドホン端子などを装備。

0524 Eee Pad Transformer TF 101 photo3

 

 

左サイド。キーボード部にUSBと充電コネクター(PC接続兼用)。タブレット部には電源と音量調整ボタン、画面ロックが見えます。

0524 『Eee Pad Transformer TF 101 photo2

 

 

前から見た様子。タブレット部の背面は真っ平らではなく、反った形状です。

0524 Eee Pad Transformer TF 101 photo4

 

 

後ろから見た様子。キーボード接続時のヒンジの部分が盛り上がっています。

0524 Eee Pad Transformer TF 101 photo5

 

 

タブレット部の表面。右側にあるホーム(中央)と戻る(上)、メニュー(下)の3ボタンは、製品版では変更される。ウェブカメラ(120万画素)も装備。

0524 Eee Pad Transformer TF 101 photo6

 

 

タブレット部の裏面。ウェブカメラ(500万画素)があります。

0524 Eee Pad Transformer TF 101 photo6

 

 

キーボード部。いちばん上の列は、ホームや戻る、メニューなどの各種機能ボタン。タッチパッドでの操作するとマウスポインターがちゃんと表示されます。

0524 Eee Pad Transformer TF 101 photo7

タブレット部の着脱は、力で抜き差しするのではなく、ヒンジ部分にあるスライドスイッチを利用するのでスムーズに行なえます。アプリ起動中の着脱でも、なにごともなかったかのようにタブレットが起動し続けます。

もっと詳しいレビューは追ってご報告します! お楽しみに。

(追記:5月26日20:30)記事公開時、タブレット部の液晶横に3つのボタンがあるとお伝えしましたが、製品版では変更されます。また、画面はAndroid2.2のものですが、製品版では3.0を搭載します。

『Eee Pad Transformer TF 101』
ASUSTeK
●予想実売価格 6万円前後
●6月中旬発売予定

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking