2011年05月17日15時54分

auは無料のWi-Fiサービスや定額音楽サービス。さらにFacebookとの連携強化を発表!!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 前日のドコモに続き5月17日、auも夏モデルの発表会を行ないました。新モデルはスマートフォン6モデルを含む全15機種をリリース。各端末の詳細については、それぞれ詳細記事がアップされているのでそちらを参照してください。

 発表会ではそのほか、auの新しいサービスや取り組みがアナウンスされました。
 

au発表会
アメリカから戻ってきたばかりの田中社長。ひどい時差ボケでカミまくりのスピーチが、逆に人柄の良さをアピールして好印象でした。

 まずは、スマートフォンでの国内用サービスの対応について。この秋をめどに、スマートフォンでもCメールやezweb.ne.jpメール、auカンタン決済、au oneマーケットといったサービスが利用できるようになるとのこと。また緊急地震速報もすべてのモデルで対応する予定とのことです。

au発表会
田中社長は国内用サービスを“ガラスマ機能”と呼んで、スマートフォンへの対応をアピール。『Xperia acro IS11S』も9月にはすべてのサービスに対応予定。

 新しいサービスとして、“au Wi-Fi SPOT”の開始を発表。来年の3月末までに10万スポットのアクセスポイントを設置。さらにアンドロイド用に専用のアプリとウィジェットを用意してワンタッチで簡単に接続できることをアピール。しかも、利用料金は無料とのことで、手軽に高速通信が利用できるのは注目です。 また、新しい音楽サービスとして、“LISMO unlimited”を6月中旬にスタート。月額1480円で洋楽を中心に100万曲の音楽が楽しめるとのこと。

au発表会
ウィジェットを使って、IDやパスワードの入力不要で手軽に接続できるのがポイント。3GとWi-Fiの切り替えも自動で行なわれ、シームレスに利用できます。

 さらに、 auとFacebookの連携を発表。田中社長がアメリカから帰ってきたばかりなのはこのためで、ゲストとしてFacebookのカントリー・マネージャー児玉太郎氏が登場しました。

au発表会
ゲストととして登場した児玉氏(右)。田中社長は児玉氏の着ていたFacebookTシャツがいたくお気に入りの様子。

 現状では、auオリジナルのアドレス機能“jibe”でFacebookのアカウントが利用できるようになるといった内容だけでしたが、今後は個人認証などのアカウントを使った、より強固なサービスの連携も視野に入れているとのことです。

 春モデルの『HTC EVO WiMAX ISW11HT』ではテザリングが解禁されており、夏モデルでの対応にも期待が集まりましたが、残念ながら見送り。ただし、田中社長曰く『秋まで待ってください。秋モデルには(WiMAX搭載モデルが)どかんと出ます!』と明言。今後の動きにも注目の発表会となりました。

 

 そのほか夏の最新スマートフォン情報はこちらのまとめから↓

人気Android端末からBlackBerryまで
最新スマートフォンまとめ:キャリア夏モデルのすべて

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking