2011年04月15日20時23分

ゼンハイザーの新作マイクロホン『MK4』の試聴会に行ってきた♪

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 ゼンハイザーの新作マイクロホン『MK4』が発売されました。MK4はハイエンドボーカルマイクロホン『e965』の音響特性をもとに開発されたプロ用マイク。アマチュアにも手の届くリーズナブルな価格が魅力です。プロ用のクオリティの高い製品を使いたいユーザーには朗報ともいえる製品なのです。

4015 MK4 photo1

 早速その実力を耳で確かめるために試聴会にいってきました! 場所は三軒茶屋の貸しスタジオ。ブース内に女性、男性ボーカルが各ひとりずつ。そしてサックス奏者がスタンバイ。一方モニター室にはエンジニアが待機と、かなり本格的な体制。

4015 MK4 photo2

 演奏者にワンコーラスずつ歌う、もしくは奏でてもらい、マイクの特性などを耳で体感。レコーディングエンジニアの間瀬哲史氏は「全体的に音圧感があり歌詞が音が埋もれない、ダイナミクスの差が激しい場合でもきちんと声などにツヤが出るという印象」と話してくれました。


 個人的には、全体的にフラットな印象で、かつレンジが広いので、さまざまな楽器の録音などに使用できると思いました。また、音がクリアーでひずみもなく、伸びのある表現が可能だなとも!! 気になる価格は実売価格3万5000円前後。ドイツの本社工場で製造ということで、ゼンハイザーの意気込みを感じますね!!

 プロから宅録まで幅広く使える『MK4』、ぜひ使ってみてはいかがでしょうか!?

●ゼンハイザー
●http://www.sennheiser.co.jp/
実売価格3万5000円前後
発売中


 (4月18日19:30追記:初出時、エンジニアの方のお名前に誤りがありました。ご本人並びに読者、関係者の皆さまにご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。本記事は訂正済みです。)

 

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking