2011年04月14日12時00分

超手軽にTwitter連動の生放送ができるAndroidアプリがイカス!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

TwitCasting

『ツイキャス・ライブ』
作者:SIDEFEED, INC
バージョン:1.40
対応OS:2.1以上
Android Market価格:無料
(バージョンと価格、対応OSは記事掲載時のものです)

TwitCasting

 Twitterのアカウントと連動させた生中継サービスとして人気のツイキャスこと“TwitCasting”。これまでは中継用アプリがiPhoneにしかリリースされていなかったが、ついにAndroid版登場した。

Twitterアカウントでログイン
TwitCasting

 アプリを起動させると、まずはログイン画面が表示される。ここへは自分のTwitterアカウントを入力するので、あらかじめアカウントを作成しておこう。

縦持ちで上下二分割
TwitCasting

 起動中は画面上半分がカメラの映像。下半分がツイッターのタイムラインとなっている。そのほか操作ボタンが画面下部にまとまっている。中継をスタートしたい場合は、“ライブ”をタップするだけ。

中継のアナウンスをツイート
TwitCasting

 中継をスタートさせると、ツイートを投稿するウインドーが表示されフォローワーに通知できる。定型文があらかじめ表示されているが、ユーザーの好きなようにタイプし直せる。ちなみに“モイ”とは、フィンランド語のあいさつ。
 中継中も画面下部の“投稿”をタップすれば、自由にツイートが行なえる。

テロップも表示可能
TwitCasting

 画面中央の吹き出しをタップすると、テロップを入力するフィードが表示される。こちらもツイート同様自由にタイプ可能。番組タイトルなどを表示させておけるのがイイ!!

映像は保存可能
TwitCasting

 中継を終わらせるには赤くなった“ライブ”ボタンをタップすればオーケー。すると放送した内容を保存するかどうか確認される。録画データはサーバー上に保存されるので、本体のメモリー容量は気にする必要無し。

過去の中継をチェックする
TwitCasting

 “履歴”ボタンをタップすると、過去に中継して保存してある映像がチェックできる。さらにタイトルをタップすれば、動画の非公開設定や削除などが行なえる。

ハッシュタグの登録にも対応
TwitCasting

 そのほか細かな設定は、“設定”ボタンをタップ。ライブ開始メッセージやハッシュタグをオリジナルのもを入力できる。そのほか、合い言葉を使った限定公開での放送もここから設定する。

 ちなみに、ツイキャスの放送を閲覧には、別途『ツイキャス・ビュワー』が用意されている。もちろん配信先はAndroidだけでなく、iPhoneでもPCでも閲覧可能。ただし、動画の配信はOSのバージョンが2.2以上となっているので注意。もし持っている端末のOSが2.2以上なら、インストールして生中継デビューしてみよう。

『ツイキャス・ライブ』
作者:SIDEFEED, INC
バージョン:1.40
対応OS:2.1以上
Android Market価格:無料
(バージョンと価格、対応OSは記事掲載時のものです)
※Android端末は多くの機種・バージョンがあるため、特定の機種によっては誤動作・不具合などが発生する可能性があります。必ずご使用の機種で正常に動作することをご確認ください。

■ダウンロードはコチラから■
TwitCasting

中山智さんのサイト
幽玄会社中山商店

このページの内容の一部は、Google が作成、提供しているコンテンツをベースに変更したもので、クリエイティブ・コモンズの表示 3.0 ライセンスに記載の条件に従って使用しています。

 

(4月14日19:00追記:バージョンは1.40になります。対応OSは2.1以上ですが、2.1で使用した場合、音声のみの配信となります。記事中で「中継アプリはOSのバージョンが2.2以上~」と表記していた個所を修正いたしました。訂正してお詫びいたします。)

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking