2011年04月12日00時00分

iPhone4のソリッド感をさらにアップするアルミ合金製バンパー『CLEAVE ALUMINIUM BUMPER for iPhone 4』

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 iPhone4の小さいボディーにギュッと凝縮されたガラスと金属の組み合わせが、素材フェチにはたまらないのである。

 しかし、周囲を見渡せばiPhone4ユーザーだらけでちょっと残念な感じ。個性を出すためにはカバーやバンパーを装着するのが定番だが「プラスチックやラバーな感じは許せない。そもそもカバーはイヤだ!」と、いうマニアックなユーザーに対してピンポイントなアイテムが登場した。

CLEAVE ALUMINIUM BUMPER for iPhone 4
ディーフ
●直販価格 8980円

20110412iPhonebumper

 バンパーを装着することで、今までとは違ったiPhone4の姿になる。

『CLEAVE ALUMINIUM BUMPER for iPhone4』(以下バンパー)は、iPhone4の外周にのみ装着するアルミ合金製のバンパー。素材には軽量かつ耐久性の高いA6063T5アルミ合金を採用していて、CNC加工と手作業による表面処理で製造されている。好きな人にはこれだけでビビッと来るはず。

20110412iPhonebumper

  カラーは上からアストロシルバー、グラファイト、メテオブラックの3色。

 バンパーはiPhone4を左右から挟み込むような構造で、バンパー固定のためにiPhone4側には一切の加工は不要だ。バンパーは専用のネジ2本でしっかりと固定されるので、落下させてもiPhone4からはずれることはない。バンパーとiPhone4の間にはポリウレタンシートが挟み込まれており、アンテナでもあるiPhone4の外周パーツとバンパーは直接接触しないので、iPhone4側に傷が入らないし電波感度が落ちる心配もない。

 バンパーを装着するとiPhone4がひとまわり大きくなるが、適度にカーブした加工なので気持ちよく手のひらに収まる。また本体を横側にした際にも両手で持ちやすくなっている。しかし、なによりもiPhone4を机に置いている時の存在感が抜群だ。金属部が目立つので重厚感、高級感が格段にアップする。バンパーを装着することでとても重くなりそうだが、バンパー自体は21gと見た目より軽量に収まっている。

20110412iPhonebumper

 バンパーのデザイナーはBMW社のスポーツカー"Z4"のプレスラインをモチーフにしたそうだ。

20110412iPhonebumper

  細かな部分加工にも抜かりはない。ヘッドフォンやDockコネクタ、SIMスロット部など、必要な部分は丁寧に肉抜き加工されており、バンパーを装着したままで全ての作業、操作が可能だ。また、微細加工された各部ボタンパーツも質感が高く、所有する事に喜びをも感じられる仕上がりだ。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking