2011年03月30日18時00分

強力なGPUパワーで描画処理が高速! 低消費電力は長時間モバイルにも最適!

AMD APUパソコンを買う!(第2回) AMD APU超活用テクニック3

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 AMD APUはGPUを統合することが最大の特徴。GPU性能など、APUの特性を生かした活用法を紹介!

 

【活用1】
APUのグラフィック性能は地デジ番組の視聴で十分なパワーを発揮する

AMD APUパソコンを買う!(第2回) AMD APU超活用テクニック3

■テレビ視聴時にほかの作業を余裕で行なえる

 APUは3Dだけでなく2Dのグラフィック性能でも威力を発揮。システムとしてのトータル処理性能が高いため、USB接続のチューナーユニットを利用すれば、モバイルPCで快適に地デジ視聴が楽しめる。
 バッファローの『DT-F200/U2W』はワンセグと地デジの視聴、録画が可能。『PH50/C』に接続して地デジを視聴したところ、CPU使用率は50パーセント前後と、視聴に比較的余裕があった。Atom N475(1.83GHz)搭載機は60パーセントの負荷だった。また、PH50/Cのワンセグ視聴時のCPU使用率は15パーセント前後で、テレビを観ながら十分にほかの作業が可能だ。

【使った製品】
『LIFEBOOK PH50/C』+『DT-F200/U2W』

LIFEBOOK PH50/C DT-F200/U2W
AMD APUパソコンを買う!(第2回) LIFEBOOK PH50/C AMD APUパソコンを買う!(第2回) DT-F200/U2W
バッファロー 実売価格1万5000円前後
↑小型軽量の地デジチューナー。ダブルチューナーを搭載し、2番組同時録画が可能。
録画した番組を外出先で観る ワンセグはロッドアンテナでオーケー
AMD APUパソコンを買う!(第2回) AMD APU超活用テクニック3 AMD APUパソコンを買う!(第2回) AMD APU超活用テクニック3
↑PCでウェブやメールなどの作業を同時に行ないながら楽々と視聴。 ↑ロッドアンテナを延ばせば安定した受信が可能だ。

 

【活用2】
APUの省電力性を使い倒す! WiFiルーターを使って長時間モバイルする

AMD APUパソコンを買う!(第2回) AMD APU超活用テクニック3

■屋外でも屋内でも快適に通信できる

 APUはプロセッサーとGPUが統合するため消費電力が少なくて済む。そのためAPU搭載モバイルは低価格ながら、十分なバッテリー駆動が行なえる。
 また、出先でのネット接続にはイー・モバイルの『Pocket WiFi S』などのWiFiルーターを利用すると便利。YouTubeの480p動画なら余裕で観られる。さらに無線LANなど回線速度が速い環境なら、YouTubeのHD動画も、CPU負荷は20パーセント程度。この状態で実測3時間45分のバッテリー駆動が可能だ。APUなら高画質なネット動画を観るときも再生支援が効くため、動画を再生しながら同時にほかの作業も行なえる。

【使った製品】
『VAIO YB』+『Pocket WiFi S S31HW』

VAIO YB Pocket WiFi S S31HW
AMD APUパソコンを買う!(第2回) AMD APU超活用テクニック3 AMD APUパソコンを買う!(第2回) Pocket WiFi S S31HW
イー・モバイル 実売価格1万9800円(長期契約割引なし)
↑Android 2.2 搭載のポケットWiFiルーター。ワンタッチでオン、オフが可能。
YouTube 動画を快適に視聴 合わせても軽い!
AMD APUパソコンを買う!(第2回) AMD APU超活用テクニック3 AMD APUパソコンを買う!(第2回) AMD APU超活用テクニック3
↑YouTubeでも480p以下なら快適。 ↑VAIO YBとS31HWの重量は合計1564グラム。十分に軽い。

【バッテリーテスト条件】
電源プランは“バランス”液晶輝度は中に設定。無線LANを有効にしてYouTubeでHD動画を連続再生。

  

【活用3】
撮影した動画素材をGPGPUテクノロジーを使って高速エンコードする

AMD APUパソコンを買う!(第2回) AMD APU超活用テクニック3

■エンコード時間が2割以上短縮した

  APUの統合GPUは、AMDのGPGPUテクノロジー“AMD APP”をサポート。APP対応ソフトなら、GPGPUによる高速化が期待できる。そこでGPGPU対応のエンコードソフト『MediaConverter 7』を利用して、実際の速さをチェックしてみた。
 2分間のフルHDのWMV形式の動画をiPhone4最適な形式に変換する時間は、GPGPU無効時は5分19秒、有効にすると4分3秒。エンコード時間が2割以上短縮した。
 ウィンドウズメディアセンターの制限によりテレビ番組の録画からの変換はできないが、いまやデジカメでHD動画を録ることは一般化している。動画でスマホ向けに高速変換して持ち歩けるのは便利だ。

【使ったソフト】
『ESPRIMO EH30/CT』+『MediaConverter 7』

ESPRIMO EH30/CT MediaConverter 7
AMD APUパソコンを買う!(第2回)ESPRIMO EH30/CT AMD APUパソコンを買う!(第2回) MediaConverter 7
アークソフト 直販価格3300円前後
↑高性能な動画変換ソフト。AMDやNVIDIAのGPGPUに対応、2Dから3Dへの変換機能も搭載。
GPGPUのオン、オフが可能 iPhone 4で再生できる
AMD APUパソコンを買う!(第2回) AMD APU超活用テクニック3 AMD APUパソコンを買う!(第2回) AMD APU超活用テクニック3
↑『MediaConverter 7』で〝GPUエンコードを使う"にチェックを付けると、GPGPUが有効になる。 ↑HDカメラで撮影した動画をMP4形式に高速変換。通勤時などに動画が楽しめる。

 

AMD APUの実力をチェック!!

検証したPC:VAIO YB

VAIO YB
AMD APUパソコンを買う!(第2回) AMD APU超活用テクニック3

このモデルと比較:P6100搭載機

CPU Pentium P6100(2GHz)
液晶ディスプレー 15.5インチ(1366×768ドット)
メモリー 4GB
HDD 320GB
光学ドライブ DVD スーパーマルチ
OS Windows7 HomePremium(64ビット)

 

■ウェブブラウジング
マイクロソフトが公開するIE9 のテストサイト『FishIE Tank』を動作して計測

レンダリングが非常に高速

 最新ブラウザー『IE9』は、次世代HTML 規格のHTML5のサポートとGPGPUによるアクセラレーションの対応がウリ。AMD E-350はこれに対応するが、P6100は非対応。その結果、AMD E-350とP6100で大差がついた。

ブラウザーFPSテスト

VAIO YB:23FPS P6100搭載機:4FPS
AMD APUパソコンを買う!(第2回) AMD APU超活用テクニック3 AMD APUパソコンを買う!(第2回) AMD APU超活用テクニック3

 

■グラフィック性能
『3DMark06』ベンチマークで3D描画性能を計測した。

Pentium P6100より3割高速に

 AMD E-350 はGPUコアを統合しており、統合GPUとしてはトップクラスの描画性能を誇る。3DMark06のスコアーは、Pentium P6100よりも3割ほど高くなり、軽めのゲームなら十分に遊べる。

AMD APUパソコンを買う!(第2回) AMD APU超活用テクニック3

 

■バッテリー駆動
『BBench』によるバッテリーベンチテストを行なった。

重量1.5キロ未満で実測5時間超えを達成

 APUは、省電力性能に優れており、消費電力が従来製品に比べると大きく低下している。画面サイズが異なるため一概には言えないが、E-350の駆動時間はP6100搭載機と比べ、1.5倍以上長い。

AMD APUパソコンを買う!(第2回) AMD APU超活用テクニック3

【バッテリーテスト条件】
電源プランは“バランス”で液晶輝度は中に設定。無線LANを有効にして10秒おきにキー入力、1分おきにウェブサイトを巡回。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking