2011年03月16日16時34分

16倍速相当で映像が滑らかに見える新ブラビア発表

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 ソニーが液晶テレビ『BRAVIA』の新シリーズを発表しました。最上位機種は、4倍速駆動パネルを16倍速相当にする技術を採用するほか、バックライトLEDと画質エンジンの改良を施し2Dも3Dも画質がさらに向上!

110316ohtake_55hx920_01 110316ohtake_55hx920_02

↑新ブラビア最上位機種『KDL-55HX920』

・16倍速相当:前後のフレームを解析して超解像処理することで、4倍速パネルで16倍速相当の表示を可能に。
・バックライトLEDの改良:消灯時に使っていない電力を点灯時に上乗せする“インテリジェントピークLED”技術で、暗くなりがちな3D映像を明るく表示する。
・画質エンジンの向上:HDやSDなど解像度ごとのデータベースを参照し、最適な画質に超解像処理。また、入力される8ビットの信号を14ビット相当に変換し階調を滑らかに。

 ……という先進の技術を採用しています。
 加えて、正面から見たときベゼルやボタンが気にならず、まるで1枚の板のように見える“モノリシックデザイン”を採用しています。

 ラインアップは以下のとおり。

braviaラインアップ

 新ブラビアはネット関連の機能も充実しています。
 テレビを観ながらTwitterもチェックできるなどの機能に加えて、Facebookとニコニコ実況にも対応します。テレビを観ながらニコニコ実況w。ぜひ見たい。

110316ohtake_bravia01
110316ohtake_bravia02 110316ohtake_bravia03

 また、Wi-Fi内蔵モデルを拡充、VAIOからテキスト入力などの操作が可能になります。

 3Dメガネもリニューアル。従来はボタン電池を使う必要がありましたが、新モデルはUSB充電ができるようになります。

110316ohtake_bravia04
↑3Dメガネ『TDG-BR250』予想実売価格1万2000円前後 4月発売予定

 その他、ホームシアターラックやホームシアターシステムも発売。こちらは他社製のテレビにも使えますので、ソニーのブラビアページをチェックしましょう。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking