2010年11月12日12時00分

本気で2ちゃんを楽しめる専ブラ「Anちゃん」

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

作者名:kudzu
価格:無料
カテゴリ名:エンターテインメント
バージョン:1.2.59
作者サイトURL:http://d.hatena.ne.jp/kudzu/touch

「Anちゃん」は、巨大掲示板「2ちゃんねる」の閲覧と投稿に特化した、いわゆる「2ちゃん専用ブラウザ(専ブラ)」です。

本気で2ちゃんを楽しめる専ブラ「Anちゃん」

シンプルで直感的な操作が可能な画面デザインと、軽快な動作が魅力の専ブラです。

本気で2ちゃんを楽しめる専ブラ「Anちゃん」

起動画面です。「板」「ブックマーク」「検索」の3つのタブがあります。もっとも使うタブがこの「板」タブです。2chの板一覧がカテゴリ表示されています。「ブックマーク」タブには、お気に入りに登録したスレが表示されます。また、「検索」タブでは、スレの検索が可能です。

本気で2ちゃんを楽しめる専ブラ「Anちゃん」

板一覧のカテゴリ名をタップすると、板の名前がずらりと表示されます。

本気で2ちゃんを楽しめる専ブラ「Anちゃん」

各板の名前をタップすると、スレッド(スレ)に含まれているスレタイ一覧が表示されます。この辺の一連の動作は、パソコン向けのの専ブラに慣れた人なら、違和感なくスイスイ操作できるでしょう。

本気で2ちゃんを楽しめる専ブラ「Anちゃん」

スレタイをタップすると、スレの中身が表示されます。表示形式はこんな感じです。標準設定で、画像のサムネイルまで表示されます。

本気で2ちゃんを楽しめる専ブラ「Anちゃん」

スレ内のAAも、自動判別されて画面幅に収まるように表示されます。

本気で2ちゃんを楽しめる専ブラ「Anちゃん」

スレは画面下のスクロールボタン(↓アイコン)をタップするか、画面右側の大型スライドバーを使って読み進めます。スライドバーを使うと、100レス単位でスレを読み進められます。

本気で2ちゃんを楽しめる専ブラ「Anちゃん」

スレを更新する場合は、メニューボタンを押して「スレッドを更新する」をタップします。

ほかにもこのサブメニューからは、ブックマーク(お気に入り)の登録や読みだし、検索、スレへの書き込み、スレが消費されてしまったあとで継続スレを探す機能などを利用できます。非常に活用できるサブメニューです。

本気で2ちゃんを楽しめる専ブラ「Anちゃん」

なお、スレを更新して新規取得した書き込みは、既存の書き込みと色が異なります。既存の書き込みがグレー、新規書き込みがベージュという感じで、ひと目で違いがわかります。

本気で2ちゃんを楽しめる専ブラ「Anちゃん」

また、スレ一覧でメニューボタンを押すと、先と同様にサブメニューが表示されます。ここからスレ一覧を更新できますし、スレのブックマークやソートも可能です。

本気で2ちゃんを楽しめる専ブラ「Anちゃん」

スレのソートでは、スレを時間順、既読順、勢い順などで表示できます。「勢い順」を使ってスレ一覧をソートすると、いま盛り上がっているスレを見つけられるので、旬の話題に乗り遅れることもなくなります。

本気で2ちゃんを楽しめる専ブラ「Anちゃん」

スレに書き込む場合は、メニューボタンを押して「書き込む」をタップします。メールアドレス欄にはあらかじめ「sage」が入力されているので、うっかりageてしまってヒンシュクをかうこともありません。

本気で2ちゃんを楽しめる専ブラ「Anちゃん」

さらに、板(2ch以外の外部掲示板)を追加して読むことも可能です。追加可能な板は「jbbs(したらば)」「bbspink(PINKちゃんねる)」「nicovideo(ニコニコ動画掲示板)」「machi(まちBBS)」「milkcafe(ミルクカフェ)」などです。なお、標準設定ではPINKちゃんねる、まちBBS、ニコニコ動画掲示板はすでに板一覧に登録されています。2ch以外のお気に入りの掲示板も、同じアプリで読めるのは便利です。

本気で2ちゃんを楽しめる専ブラ「Anちゃん」

各種設定が豊富なのも、このアプリの大きな特長です。設定変更は、板一覧画面でメニューボタンを押し、「設定」をタップして行います。フォントサイズやAAの縮小可否など、かゆいところに手が届く設定が多数用意されています。標準設定でも使い勝手は十分いいのですが、細かいところの設定を変更すれば、より使いやすい専ブラにカスタマイズできるでしょう。

このように、「Anちゃん」は必要な機能を十分備えた専ブラです。動作も快適で、もたついたところもなく、2chをいつでも快適に読むことができます。Android端末で使う専ブラを決めあぐねているようでしたら、一度使ってみて、その使い勝手のよさを体感してみてください。

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking