2010年07月16日12時00分

チーンと鳴らして存在をアピール「DeskBell」

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

作者名:Swiss Codemonkeys
価格:無料
カテゴリ名:旅行&地域
バージョン:1.6
作者サイトURL:http://swisscodemonkeys.appspot.com/app/deskbell/
 

「DeskBell」は、ホテルのフロントや、レストランのカウンターなどに置かれている「デスクペル」を鳴らすことのできるアプリです。
 

チーンと鳴らして存在をアピール「DeskBell」

デスクベルというのは、ベルの上から手のひらで軽く押さえると「チーン!」と鳴るアレです。遠くまで澄んだ音が響いて、無人のカウンターでも、アッというまにスタッフが飛んできますよね。
 

チーンと鳴らして存在をアピール「DeskBell」

使い方はカンタン。起動したら画面をタップするだけです。チーン! という音とともに、画面が若干ブルブルと震えます。
 

チーンと鳴らして存在をアピール「DeskBell」

メニューボタンを押し、「Preferneces」をタップすると、ほかの音に切り換えることができます。全部で4種類あります。
 

チーンと鳴らして存在をアピール「DeskBell」

標準設定だと「Ding」。それより短いベルがよければ「Short Ding」を選びます。
 

チーンと鳴らして存在をアピール「DeskBell」

また、「Gong」をタップすると、画面が銅鑼(どら)になります。タップすると、ジャーン! と、おなじみの銅鑼の音が鳴ります。
 

チーンと鳴らして存在をアピール「DeskBell」

最後の「Cowbell」をタップすると、画面はカウベルになります。タップするたびに、コンコン! とカウベルの音が響きます。他の音よりも静かな感じなので、こちらは楽器的な使い方ができそうですね。

こうしたベルは、プレゼンなんかのときにタイムキーパー担当の人が「時間切れですー」の合図に鳴らすこともあります。音量を最大にすれば、その代わりにも十分使えるでしょう。自分なりの使い方を、ぜひ見つけてみてください。
 

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking