2010年05月25日12時00分

機能充実・快適動作のTwitterクライアントアプリ「TweetsRide」

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

■TweetsRide
作者名:Satoshi Tanimoto
価格:無料
カテゴリ名:ソーシャルネットワーク
バージョン:1.5.2
作者サイトURL:http://tweetsride.com/

「TweetsRide」は、シンプルなUIに豊富な機能を搭載し、快適にツイートできるTwitterクライアントアプリです。

機能充実・快適動作のTwitterクライアントアプリ「TweetsRide」

「TweetsRide」は、外観に奇をてらったところはなく、とてもシンプルです。操作ボタンは画面下部分にまとめられていて、TL(タイムライン)には各ユーザーのツイートとアイコンが並んで表示されています。動作も全般的に快適で、非常に使い勝手のいいクライアントです。

では、さっそく見ていきましょう。
 

機能充実・快適動作のTwitterクライアントアプリ「TweetsRide」

まず、インストール後の最初の起動で、Twitterのアカウント(ユーザーネームとパスワード)の入力を促されます。なお、複数のアカウントを管理できる「マルチアカウント」には対応していません。
 

機能充実・快適動作のTwitterクライアントアプリ「TweetsRide」

アカウント設定が完了すると、すぐに利用できます。TLでは、既存のツイートと新規ツイートが色分け表示されています。TLの下のアイコンは、左から「ホーム(TL)」「Mention(リプライ)」「DM」「リスト」「新規ツイート」です。
 

機能充実・快適動作のTwitterクライアントアプリ「TweetsRide」

「新規ツイート」をタップして、つぶやいてみましょう。ツイートの残り文字数が表示されるのは標準的ですが、そのほかの付加機能が充実しているのが魅力です。
 

機能充実・快適動作のTwitterクライアントアプリ「TweetsRide」

その1つが、「ジオタグ」機能です。ツイートのときに自分の位置情報を埋め込む機能ですね。しかもそれだけでなく、現在位置からGoogleマップによる位置情報ページを作成し、そのリンクをつぶやきに挿入できます。
 

機能充実・快適動作のTwitterクライアントアプリ「TweetsRide」

また、静止画と動画のアップロードにも対応しています。静止画は「Twitpic」、動画は「TwitVid」を利用します。動画と静止画は端末に保存されているものだけでなく、その場で撮影してアップロードすることも可能です。
 

機能充実・快適動作のTwitterクライアントアプリ「TweetsRide」

さらに、長いURLをツイートに含める場合に便利な「短縮URL」を利用してツイートすることもできます。短縮に使われるサービスは、「bit.ly」です。

このように、基本的な投稿機能は、充分網羅されています。
 

 

機能充実・快適動作のTwitterクライアントアプリ「TweetsRide」

また、TLで各ツイートを長タップすると、サブメニューが表示され、そこから各種操作が行えます。
 

機能充実・快適動作のTwitterクライアントアプリ「TweetsRide」

「View Profile」で、ツイートしたユーザーのプロフィールを確認できます。フォロー数、フォロワー数などの情報の確認のほか、ここからリプライしたりDMを送ったりもできます。

また、2種類のリツイートができます。
 

機能充実・快適動作のTwitterクライアントアプリ「TweetsRide」

サブメニューから「Retweet」をタップすると、RTするだけでコメントを入れられない、いわゆる「公式リツイート」ができます。
 

機能充実・快適動作のTwitterクライアントアプリ「TweetsRide」

「Retweet with Comment」をタップすると、相手のツイートを引用しつつコメントを入れる「コメント付きリツイート」ができます。

公式リツイートとコメント付きリツイートを、設定変更なしで使い分けられるのはなかなか便利ですね!
 

機能充実・快適動作のTwitterクライアントアプリ「TweetsRide」

「リスト」をタップすると、リスト機能を利用できます。ただし、「TweetsRide」からリストの作成や編集はできないので、その点はパソコンなどから行ってください。
 

機能充実・快適動作のTwitterクライアントアプリ「TweetsRide」

メニューボタンを押すと、TLの更新やトップへの移動、お気に入りの表示、検索などができます。
 

機能充実・快適動作のTwitterクライアントアプリ「TweetsRide」

また、「プロフィール画像の変更」もできます。メニューボタンを押し、「その他」をタップして「Update Profile Image」を選ぶと、Twitterで自分が使っているアイコンを変更できるのです。
 

機能充実・快適動作のTwitterクライアントアプリ「TweetsRide」

画像は端末に保存されているものから利用でき、リサイズなども自動的に行われてアップロードされます。

最後にテーマの変更について。

「TweetsRide」は、画面のイメージを「テーマ」で変更することができます。変更といっても、色合いを3パターンから選べるだけですが、それでもテーマを変更するだけでTLのイメージががらっと変わります。
 

機能充実・快適動作のTwitterクライアントアプリ「TweetsRide」

テーマの変更は、メニューボタンを押し、「その他」をタップして「Setting」を選んで表示された「Select a theme」から行います。テーマは「Blue」「Silver」「Graphite」の3種。標準設定だとBlueです。参考までにほかの2種のTL画面を掲載しましょう。
 

機能充実・快適動作のTwitterクライアントアプリ「TweetsRide」

「Silver」。モノトーンで読みやすいTLになります。
 

機能充実・快適動作のTwitterクライアントアプリ「TweetsRide」

「Graphite」は画面全体が黒くなり、白抜き文字になります。Silverよりももっと落ち着いた雰囲気のTLになりますね。

なお、「TweetsRide」の更新通知は、設定の「Notify for Mentions and DM only」がオンになっていると、Mentionに更新があった(リプライされた)ときと、DMが送られてきたときに通知が行われます。そして、これをオフにしておくと、TLが更新されたときにも通知が行われます。TLを常に追っていたい人であれば、このチェックをオフにしておくといいでしょう。

どちらの設定でも、リプライとDMにはすぐに対応できる仕様になっていますので、Twitterで密なコミュニケーションをとっていきたいと考えている人にとっては非常に便利な仕様といえるでしょう。

「TweetsRide」は見た目のシンプルさとはウラハラに、かなり充実した機能を搭載しています。Twitter初心者からヘビーユーザーまで、幅広くおすすめできるアプリです。

 

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking