2010年04月01日20時22分

Androidで“ダダ漏れ”ストリーミングを楽しむ「Ustream Viewer」

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

作者名:Ustream.tv
価格:無料
カテゴリ名:メディア&動画
バージョン:0.5.7_beta
作者サイトURL:http://www.ustream.tv/

「Ustream Viewer」は、Androidで「Ustream」のストリーミング動画を見るためのビューワです。

Androidで“ダダ漏れ”ストリーミングを楽しむ「Ustream Viewer」

「Ustream」とは、このところ話題になっている無料のネットストリーミング動画配信サービスです。ウェブカメラやiPhoneのカメラから、誰でも簡単にストリーミング配信できるとあって、世界的に注目されています。このUstreamによる中継は、無料で、なおかつ誰でも見られるため、日本では「ダダ漏れ」なんて呼ぶ人たちもいたりして、なかなかな盛り上がりを見せています。

さっそくダダ漏れ動画を見てみましょう!

Androidで“ダダ漏れ”ストリーミングを楽しむ「Ustream Viewer」

アプリを起動すると、「Live」と「Recorded」の2つのタブが表示されます。Liveには現在ナマ中継されている動画が、Recordedには録画公開されている動画が一覧表示されています。

リストをスライドして見たい動画を探しましょう。とりあえずトップにあった「The Owl Box」を見てみます

Androidで“ダダ漏れ”ストリーミングを楽しむ「Ustream Viewer」

フクロウが寝てました。そんな中継もあるんですね。豊富な動画があふれているのもUstreamの魅力です。

動画の一覧で、画面下にあるジョウゴのアイコンをタップします。これは配信動画の「フィルタリング」設定です。フィルタリングの条件を設定し、多くの動画の中から見たいものを見つけるのです。

Androidで“ダダ漏れ”ストリーミングを楽しむ「Ustream Viewer」
Androidで“ダダ漏れ”ストリーミングを楽しむ「Ustream Viewer」

「Change filter」をタップし、「Channel Types」(チャンネル)、「Category」(カテゴリ)、「Subcategory」(サブカテゴリ)で絞り込みができます。チャンネルでは「Featured」か「Mobile」で絞り込みができます。Featuredは普通のウェブカメラによる中継で、MobileはiPhoneなどによる中継を示しています。カテゴリにはスポーツやら動物やらエンターテインメントといったカテゴリがあって、そこから選択し、さらにサブカテゴリを選択して配信動画を絞り込めます。

また、文字を入力して検索することもできます。

ここでは、チャンネルやカテゴリは指定せず、テキストボックスに「Japan」と入れてみました。すると……。
 

Androidで“ダダ漏れ”ストリーミングを楽しむ「Ustream Viewer」

何かいくつか中継しているようです。気になったサムネイルをタップしてみると……。

Androidで“ダダ漏れ”ストリーミングを楽しむ「Ustream Viewer」

たこ焼きを焼いている中継でした(笑)。

Ustreamのナマ放送では、この画面のように中継動画を見ているユーザーによって書き込まれた「コメント」が表示されます。まるでニコニコ動画のようです。しかも、これはリアルタイムの書き込みです。

Ustreamのコメント書き込みは、専用チャットのほかにTwitterやFacebookと連動しているのが特徴です。動画を見てコメントしつつ、同時にツイートすることもできるのです。

しかし残念ながら、いまのところこの「Ustream Viewer」ではコメントを書き込めません。読むことしかできないなんて生殺しじゃないですか! でも仕様なのでしかたありません。どうしても中継を見ながらチャットやツイートをしたいなら、現時点ではPCでUstreamのサイトにアクセスしてください。

ちなみに、この「Ustream Viewer」自体がまだベータ版ですから、今後は改良が進むことでしょう。ついでに言うならば、上のたこ焼き放送の画面で「Viewer」が0人になっているのもちょっと変ですね。そういった細かい不具合解消も含め、今後の正式版に期待しましょう。

先日、ソフトバンクの孫社長が「Ustreamサービスを日本語化して2010年5月までに提供する」ということをTwitterでツイートしたとかで、Ustreamは今後さらなる盛り上がりを見せそうな予感です。この「Ustream Viewer」で、今のうちにダダ漏れ中継に馴染んでおくというのはいかがでしょうか。

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking