SIMフリーAndroidタブレット『Camangi FM600』を試す!

文●ジャイアン鈴木

2011年01月21日 11時00分

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

日本通信などのSIMカードで通話・通信可能!

機材協力●キヤノン『iVIS HF S11』、ソニー『VAIO Fシリーズ

■動画の内容
00:05~ 製品概要
00:29~ ハードウェア外観をチェック!
01:16~ 日本語入力ソフト・Flashコンテンツ・ブラウザー挙動
01:57~ 総括

 Android寄りのジャイアン鈴木です。ただタブレット型はこれまでスルーしてきました。そこに登場したのが『FM600』。SIMフリー端末ながらWiFi運用も可能なフリーダムAndroidタブレットです!

 デザインは質実剛健でよきかなよきかな。ホーム画面の挙動もなかなか機敏で好印象だったのですが、ブラウザーのピンチイン・アウト操作が妙にもたつきます……。

専用ケースが付属!
Camangi FM600
↑純正ならではのスマートな収まりの専用ケース。ソリッドなデザインの本製品をがっちりガードします。大きなiPhone4的なデザイン、なかなかですよ!

 公式サイトを見るとCPUが『Qualcomm MSM7227(600MHz)』でした。正直、ちょっと非力です。現時点で、Flash Player 10.1も動作しませんし。

 ですが素性は非常にいい製品なので、基本性能を向上させた上位モデルを切に望みます。外観はそのままでいいですから!

SPEC
OS Android2.2(Froyo)
CPU Qualcomm MSM7227(600MHz)
ディスプレー 7インチWVGAマルチタッチ(800×480ドット)
バッテリー 3240mAh
サイズ/重量 179.4(W)×110(D)×11.05~11.25(H)ミリ/380グラム

Camangi FM600
メーカー:camangi
公式サイト

この記事をはてなブックマークに追加
Pocket
  • Google Bookmarksに登録
  • mixiチェック

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking