2010年12月11日12時00分

気にならないと言ったらうそになる!

【トゥギャッター通信】第6回 「ミサワ女子と乳揺れゲーム」

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 トゥギャッターのまとめの中から「これは!」という注目のトゥギャりを厳選してピックアップ。今週の見所は思わずイラッとする女子版のミサワふうトークから、ゲームの女性キャラクターは乳揺れで血管が切れる、などなど、ツイッターでみんなが盛り上がった話題をまるっとチェック!

トゥギャッター通信:トゥギャッたん

 

mixi、昔はよかった?

 ネットのコミュニケーションサービスで、このところ注目を集めているのはTwitterやFacebookなど。mixiは今でも国内最大級のSNSだが、多くの人が日常的に使うようになってから一時期ほどは話題に上がらなくなった。そうかと思えば、12月頭には、ユーザーから「メールアドレスをもとに個人情報を簡単に探されてしまう」と反発を受けて、“メアドでユーザー検索”という新機能を3日で取り下げるという事件も起った。

 多くのニーズに応えようと機能が増えたせいか、それともITに詳しくない人が多数派になったせいか。古参のユーザーなら「あの熱気にあふれたmixiはいずこに……」と、現状を見ているかもしれない。本まとめは、そんなmixiを初期から使ってる人の放談を連ねたものだ。「友達の友達とつながれた」や「みんなの日記が読みたくて何度もリロードした」など、思わずうなづいてしまうつぶやきも多い。mixiのIDが10万以下のユーザーなら必見だ。

【コンピュータ・ネット】
Togetter:mixiを初期から使っているユーザーのmixi談義

【トゥギャッター通信】第6回 「ミサワ女子と乳揺れゲーム」

 

“揺れ”ってレベルじゃない

 女性キャラクターの“乳揺れ”は、今やお約束とも言えるほどさまざまなゲームで見かけるようになってきた。その表現も徐々に過激になってきて、3Dゲームではあり得ないくらいに“ぷるんぷるん”と揺れているものも多い。

 男ならどーしても目線を奪われてしまうこの動きだが、当の女性から見ると突っ込みどころが満載のようだ。女性ゲーマーが「乳揺れ嫌です」と語った本まとめでは、「血管が切れそう」や「ブラを付けてたらあんなに揺れない」といった現実的な声がズラりと並ぶ。中には「オプションで揺れる/揺れないを選べればいい」という意見もあって、割と違和感がありまくりなようだ。男のロマンは、なかなか理解されにくい!?

【雑談・語り】
Togetter:ゲームでの乳揺れについて女性ゲーマーに聞いてみた!

【トゥギャッター通信】第6回 「ミサワ女子と乳揺れゲーム」

 

実は会社化しました

 12月8日、この連載のネタ元である『Togetter』の海外向けサービスとなる『Chirpstory』(チャープストーリー)がスタートした。Togetterは、2009年10月に吉田俊明さん(@yositosi)の個人プロジェクトとしてサービスを開始。Twitterの成長とともに利用者を増やして、12月現在ではユニークユーザーが月間200万に達する規模に成長した。今年はグッドデザイン賞も受賞している。

 そのChirpstoryをサービスインした直後のつぶやきを集めたのが、このまとめだ。「がんばってください」という励ましの声に加えて、多くの人は「トゥギャッターが株式会社だということに驚いた」と別のところで驚いていた。トゥギャッターの吉田さんは、「海外版を出しましたが、軸足は日本版ですよ。ちょっと忙しかったですが、また日本語版がんばっていきます」と語っていた。

【教養・ビジネス】
Togetter:「トゥギャッター株式会社」への反応まとめ 英語版Togetter『Chirpstory』を引っさげて海外進出へ

【トゥギャッター通信】第6回 「ミサワ女子と乳揺れゲーム」

 

“ミサワ女子”ブームが到来?

 今週、Togetterで非常に人気を集めたのが、“「自己卑下のような自己賛美に終始するオンナノコ」を模倣する”というまとめ。「自分ってダメだよねー」と言っているように見えて、よく聞くと自慢話という、プライドが高い女性にありがちな話し方を真似た“偽ガールズトーク”だ。

 まとめでは、「何っとも思ってない男のコに告白されるたびに思う。あたしってそんなに軽そうに見えますかー!?思わせぶりなコトしてるつもりは全然ないんだけどな…でも、そういうふうに見られてるんだよね…。気をつけなきゃ」といった具合に、女性版“地獄のミサワ”とでも呼びなくなるようなあるある発言が満載。今でも#fakegirlstalkのハッシュタグで新ネタが投入されているが、全部読むとどっと疲れがくるかもしれない。

【ネタ・お笑い】
Togetter:「自己卑下のような自己賛美に終始するオンナノコ」を模倣する

【トゥギャッター通信】第6回 「ミサワ女子と乳揺れゲーム」

 

もうひとつの“もしドラ”

 “もしドラ”といえば、今年1番売れた書籍『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』の愛称だ。経営学者のピーター・ドラッカーと女子高生という異色の取り合わせが話題を呼んだ訳だが、Twitterでは今年の7月にその逆の『もしドラッカーが女子高生だったら』構想が語られていた。

 ニューヨーク大学のドラッカー教授は、ある日突然、女子高生になってしまう。「女子高生という現実を活用しようと奮闘するドラッカー教授」「果たして美少女(中身オジサン)教授は、知性と理論の力だけで、 教授としての地位を維持できるか? 女性である自己をどうマネジメントするか?」といった感じで、性転換モノのストーリーのようだ。年末のコミケでは、二次創作としてこの種の本が発売されるかも!? 登録された関連商品も面白い。 

【アニメ・ゲーム・マンガ】
Togetter:もう一つの「もしドラ」構想 「もしもドラッカーが女子高生だったら」

【トゥギャッター通信】第6回 「ミサワ女子と乳揺れゲーム」

 

次点のトゥギャり

 そのほか、今回紹介しきれなかった興味深いトゥギャりをリンクでどうぞ。とぅぎゃつうが好きな人は、こちらも楽しめるかもしれません。

【アニメ・ゲーム・マンガ】
おもしろ?ファミコンクイズ

【ニュース・時事】
【情報随時追記中】民主党、大手出版社、動く

 
協力:Togetterトゥギャッたん

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking