2010年12月07日19時58分

四半世紀を超えて、『一太郎2011 創』が登場!!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

  初代の発売から25年。四半世紀にわたり、日本語を守り続けてきたワープロソフト『一太郎』の最新バージョン『一太郎2011 創』が2011年2月10日に発売される。今回から製品名に、バージョンを表わす発売年に加えて、そのバージョンを最もよく表わす一文字が加わることになった。“創”とは新たなる創世、“一太郎、第二章”という思いが込められている。

20101207JUST02

  パッケージの題字を担当したのは、龍馬伝やAPEC Japan2010の題字もつとめた書道家の紫舟さん。四半世紀の歴史と次の世代をつくり出そうとすることからイメージし作成。線中の白い余白が自由さを、線をしっかり書くことにより、力強さや品格を表現したという。

20101207JUST03

  一太郎2011は、インターフェースを一新し木目調のデザインを採用。書斎机で文書を書いている空間をイメージした。また、プラグインシステム“ソプラ”はツイッターやEvernoteなどのウェブサービス、ポメラなどのガジェットに対応する。そのほか、PDFでの保存ができるなど、機能強化がはかられた。

20101207JUST04

  続いて発表になったのが、日本語入力ソフト『ATOK 2011 for Windows』。入力のクセを見抜いて自動補正してくれる機能がかなり便利そう。たとえば、“確認しました”という文字を打とうとして“かくにんしまsた”としてしまうことはよくあるが(実話)、過去に入力したことがあれば、タイプミスも“確認しました”としっかり変換できる。また、“おまかせキーワードチャージャー”は、使っているRSSの内容から、定期的にキーワードを抽出し、変換の推測候補として登録してくれる。これで新しい話題の言葉の変換も安心だ。

20101207JUST05

  発表会の最後には、ジャストシステムのイメージキャラクターを務める加藤あいさんがスペシャルゲストとして登場。

20101207JUST06

  『一太郎2011 創 プレミアム』以上に収録される音声読み上げソフト“詠太(えいた)”が加藤さんへの質問を読み上げた。その抑揚のなめらかさには加藤さんも驚いていたぞ。

20101207JUST07

  長いセリフの台本は、ひたすら本を読む。たくさん詰め込んでの一気に覚える一夜漬けタイプとのこと。演じたあとはすぐに忘れてしまうんだとか。

20101207just01

 ラインアップはこちら

一太郎2011 創 2万1000円
一太郎2011 創 プレミアム 2万6250円
一太郎2011 創 スーパープレミアム 3万4650円
一太郎ポータブル with oreplug 1万2768円
花子2011 1万290円
ATOK 2011 for Windows [ベーシック] 通常版8400円
ATOK 2011 for Windows [プレミアム] 通常版1万2600円

2011年2月10(木)発売

20101207JUST09

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking