2010年12月03日23時09分

新生ウィルコムに復活の可能性はあるか?

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 ウィルコムは12月1日に記者会見を開催した。前日に会社更生計画が認可されたことを受けたもので、この日を境に、新たなスタートを切ることになる。会見には新体制で社長を務める宮内謙氏が登壇。宮内氏はウィルコムを支援するソフトバンクの取締役でもあり、「ソフトバンクグループの4社目の通信会社として本格的に今日から始動する」と語り、3ヵ月以内に新たなサービスで契約者を純増させると約束した。

willcom

佐々木希さんをCMに起用し、新プランを訴求する。

willcom

ソフトバンクグループ4社目の通信会社であることを強調。

 純増の決め手になるのは12月3日に始まった“誰とでも定額”という新たな通話定額オプション。月額1450円の“新ウィルコム定額プランS”などに、980円追加するだけで1回10分以内の通話が月500回まで無料になる。また、このプランを活かす端末として、若年層にターゲットを絞った『HONEY BEE 4』が新たに発表された。広角のインカメラが特徴だった『HONEY BEE 3』の特徴を引き継ぎ、新たに動画撮影にも対応。待受け画面でキーを押すとそのまま文字を打つことができ、Twitterやmixi、メール、検索などに受け渡し可能な“すぐ文字”も搭載した。Flash Liteを実装するなど、前モデルより機能は大幅に強化された格好だ。

willcom

“誰とでも定額”で、ケータイ業界の常識を打ち破っていくという。

willcom

動画撮影にも対応した『HONEY BEE 4』。カラフルさは健在だ。

willcom

インカメラで“自分動画”を撮影できる
 

willcom willcom

待受け画面から即文字入力可能な“すぐもじ”を搭載。
 

 経営不振のウィルコムは、このところ大幅な純減が続いていた。その大きな要因は、データカードの解約だ。他社が高速通信サービスをいち早く打ち出すなかで、PHSの速度や費用対効果がどうしても見劣りしていたのだ。一方で、24時間完全定額は若年層を中心に、ひそかに支持を集めていた。若者の間では“コム”という愛称も定着し、2台持ちの定番キャリアになっていたほどだ。事実、純減が続くなかでも『HONEY BEE』シリーズは堅調に売れ行きを伸ばしており、すでにシリーズ累計で100万台を突破している。この数字は、ウィルコムの約373万という総契約者数からすると“異例の大ヒット”だ。

 HONEY BEE 4のようにピンポイントのニーズを確実につかんだ端末と、“誰とでも定額”のようにPHSの特性を活かした割安の料金が組み合わされば、宮内氏が約束した「3カ月以内の純増」は十分実現できるだろう。ソフトバンクの上手なプロモーションやスピード感も、新生ウィルコムの武器と言える。ウィルコムの完全復活を期待して待ちたい。

willcom

PHSの通話と、3GのWiFiルーターを兼ねる機種が参考出展された。

willcom

ABITは腕時計型端末など個性的なラインナップを参考展示。
 

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking