2010年12月03日15時48分

DOLBY×TSUTAYA TOKYO ROPPONGI Entertainment Spaceがオープン!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 『DOLBY×TSUTAYA TOKYO ROPPONGI Entertainment Space』は、“かっこいいエンタテインメントを多くの人に提供したい”というコンセプトの元、さまざまな情報の発信地である六本木で話題の音楽、映画、エンタテインメントが体験できる場所として、両者がタッグを組み実現したコラボ企画。第一弾は12月17日より公開が予定されている『トロン:レガシー』をフィーチャーし、映像と映画館並みの迫力のある音が楽しめます。
 まず、TSUTAYA ROPPONGIに足をふみれると、1Fのカフェスペースには映画に登場する流線型の実物大ライトサイクル(光原子バイク)が。思わずその大きさに圧倒されちゃいました。

『DOLBY×TSUTAYA TOKYO ROPPONGI Entertainment Space』2

 そしてエレベーターを上がった先には最新のドルビーサラウンド7.1chが体験できるオープンスペースが現れます。トロンの衣装を身にまとった方々に出迎えられ、中に入ると……。

『DOLBY×TSUTAYA TOKYO ROPPONGI Entertainment Space』1

ブルーに光る、ボタンがひとつ!

『DOLBY×TSUTAYA TOKYO ROPPONGI Entertainment Space』3

 コレを押すと、最新の映画のトレーラー(予告編)と周りに設置されたサウンドシステムでドルビーサラウンド7.1chサウンドが体感できます。その音の迫力と奥行き感はさすがのひとこと。映画は映像とともに音の鳴りで決まるのだと実感。改めてサウンドの重要性を感じました。

 しかも今回の作品はDAFTPUNKが全編音楽を担当という部分も見逃せません。そう、いかに本作が音楽を重要視しているかがそれだけで理解できるというもの! 映画の公開が待ちきれない! そんな方はぜひ一足早く圧倒的な映像とその音像の一部を『DOLBY×TSUTAYA TOKYO ROPPONGI Entertainment Space』で体験してみてはいかがでしょうか!?

『DOLBY×TSUTAYA TOKYO ROPPONGI Entertainment Space』4

 『トロン:レガシー』は『トイ・ストーリー3』に続き、ドルビーサラウンド7.1chを導入。映画の世界に入り込んだかのような臨場感のある音を再現。より快適に映画を楽しめる最新のサウンドシステムです。いい映画はクリアな映像で観て、そしていい音で体験したいもの。『トロン:レガシー』、私はドルビーサラウンド7.1ch対応映画館で絶対に観ます!

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking