2010年11月26日18時45分

ドコモのLG製Android『Optimus chat L-04C』も気になる

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 アジアンドロイドレビュー第3回はスライドキーボード搭載のOptimusです。発売はちょと先ですケド。
 こちらもコンパクトで余計なガラ機能の無いタイプ。ですが、スライド式のフルキーを搭載しているという点が個性的です。

Optimus chat L-04C
Optimus chat L-04C
↑横幅がスリムで持ちやすいです。

 液晶サイズは3.2インチ(320×480ドット)、Androidのバージョンは最新の2.2、重量は約148.5グラム。外観を見ていきます。

Optimus chat L-04C
↑ホームボタンのほか、受話、終話ボタンが物理キーというのがアンドロイドにしては珍しい。LEDがしこまれていてカッコイイです。上部にはタッチ式のショートカットボタンもあります。タッチバイブレーションでブルッとします。感度もいいですね。
Optimus chat L-04C
↑アイコン一覧は、カテゴライズされていて見つけやすくなっています。自分で管理することも可能。ランチャーいらずですね。
Optimus chat L-04C
↑何かとぽよんと並べるクセのあるワタシ。だって、みんな持ってるでしょ? サイズは近いです。厚みはキーボードのぶん、Optimusのほうがあります。
Optimus chat L-04C
↑今日はIS03の発売日だったらしく、いろんな人が見せに来るんです。わざわざ。もういいですからね。仕方ないので並べてみましたよ。
Optimus chat L-04C
↑トップ。ちょっとボケちゃったけど、撮り直さないところがアックンクオリティーなんですね。サスーンクオリティーとはワケが違います。
Optimus chat L-04C
↑マイクロSD端子にはフタがあります。現在、アンドロイド端末にはフタあり派、なし派、スライド派といて一触即発の状態にあるってホントですか?
Optimus chat L-04C
↑背面はこんな構造。バッテリーは比較的大容量です。
さて、スライドキーボード
Optimus chat L-04C
↑この子の特技。じゃなくてウリ。縦持ちの際、左側に向かってせり出します。配列はオーソドックスでクセがない。小型の割にレイアウトには余裕あるカンジ。数字キーもファンクション同時じゃないしスキ。
打ちやすい!
Optimus chat L-04C
↑ワタシ、手がデカイのですが、かなりいけると思いましたよ。ジャイアン鈴木さんでも大丈夫ですって。クリック感が心地いいです。

 ところで、みなさん、スマホ増刊はご覧いただけましたよね? スマホに触れるイベントにも是非お越しください☆ あとそうだ! 今たまたま思い出しましたが、12月14日発売の本誌でもむっちりとスマホの大特集やるんすっ!

 ……しつこいですよね(-_-)

 

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking