2010年11月09日23時00分

速! 静! 冷! の『GeForce GTX580』が発表♪

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

NVIDIA『GeForce GTX580』

GTX580

↑こちらがリファレンスボード。2スロット厚で、長さはGTX480とほぼ同じ。

端子はこんな感じ

GTX580

↑映像出力はミニHDMIとDVI×2。GTX480と同じですね。

●SPEC


 

CUDAコア数

コアクロック

メモリー

メモリークロック

メモリー帯域

公称消費電力

GTX580512基1544MHzGDDR5 1536MB4008MHz192.4GB/s244W
GTX480480基1410MHzGDDR5 1536MB3696MHz177.4GB/s250W

 全体的にスペックアップされつつ、消費電力が下がってるようです。

ブロックダイアグラムを見てみると

GTX580

↑ブロック構造はGTX480と同じです。ただし、各ブロックの内部設計が更新されており、電力効率が改善されているようです。

 正方形の緑がCUDAコア。4列8行に並んでるやつです。CUDAコア32個をひとまとめにしたものがSM(Streaming Multi Processor)。SMが4個セットでGPC(Graphics Processing Cluster)。さらにGPCを4個まとめたものがGPUとなります。なのでCUDAコア数は32×4×4=512基ですな。

GTX480はSMのひとつが無効になっていたので、CUDAコア数は512-32=480基だったわけです。

 続いて基板チェック

GTX580 GTX580

↑左がGTX580、右がGTX480。レイアウトはほぼ同じですが、コンデンサーが少し減っているような。

GPUクーラーも改良されており、騒音と発熱がだいぶ下がったみたい。ヒートシンクはベーパーチャンバー方式らしいですよ。ベーパーチャンバー!

ベーパーチャンバーは水蒸気を利用した冷却方式。ヒートパイプと似ている構造で、ヒートシンク内部に液体が注入されており、

発熱面で液体が水蒸気に変化→気化して熱くない面に水蒸気が移動→冷やされて再度液体に→発熱面に戻る→無限ループ

こんな感じで冷却する仕組みです。

そんなわけでGTX580はGTX480の強化版というか“フルスペックGTX480”な雰囲気がプンプンしているわけですが、性能は自信アリみたいです。性能が気になる人は今週発売の週刊アスキーでベンチマークを計測しているのでチェックしてくださいませ。

気になるお値段は499ドルとのこと。出始めはご祝儀価格で5万5000円くらいでしょうか。今月末とウワサされているRADEONの『Cayman』が気になるところですが、赤より緑なアナタは早速明日(10日)から発売されるみたいなので朝イチでIYHしたらいいと思いまーす!

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking