ニンテンドー3DSより一足早く裸眼で3Dコンテンツを楽しめるAndroid端末『LYNX 3D SH-03C』

文●ジャイアン鈴木

2010年11月08日 13時00分

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

裸眼3D端末かつ全部入りスマートフォン!

機材協力●キヤノン『iVIS HF S11』、ソニー『VAIO Fシリーズ

■動画の内容
00:05~ 製品概要
00:35~ 裸眼で3D動画・ゲームを楽しめる!
01:07~ 3D写真も撮影できちゃいます
01:26~ ワンセグ・おサイフケータイ・赤外線通信対応!

 初めて購入したパソコンがシャープ製だったジャイアン鈴木です。そんな私ですがひいき目なしにシャープのAndroidへの注力ぶりに脱帽。とくに本製品は裸眼3Dに対応しているのだから驚き!

 裸眼3D対応で、全部入りスマートフォン。もちろんspモードに対応。そして、安心のFOMA網。これって最強のスマートフォンでは?

メニュー画面まで3Dに!
LYNX 3D SH-03C
↑「スマートフォンに3Dいるの?」という方には逆に「3Dいらないの?」と言いたいです。持ち歩くガジェットを飛躍的に減らせるのが全部入りスマートフォンの最大メリット。3D写真を撮影できて、その場ですぐ鑑賞できるだけで、楽しみ広がるじゃないですか!
SPEC
OS Android 2.1
ディスプレー 3.8インチ
カメラ 約960万画素
サイズ/重量 約62(W)×123(H)×13.4(D)ミリ/約130グラム

『LYNX 3D SH-03C』
キャリア:ドコモ
メーカー:シャープ
発売日:2010年12月発売予定
メーカー公式サイト

この記事をはてなブックマークに追加
Pocket
  • Google Bookmarksに登録
  • mixiチェック

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking