2010年10月26日14時54分

角川グループが電子書籍プラットフォームBook☆Walkerを発表! ラノベやコミック、雑誌も閲覧可能に

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
角川グループの新電子書籍プラットフォーム『Book☆Walker』

 
 角川グループによる電子書籍プラットフォーム『Book☆Walker』が発表されました。正式サービスインは2011年4月、グランドオープンは2011年7月を予定。2010年12月には機能限定版が先行リリースされます。

角川グループの新電子書籍プラットフォーム『Book☆Walker』
機能限定とはいえBook☆Walkerは今年12月からさっそく提供される。

 
 Book☆Walkerの特徴は、アニメや映画といった映像コンテンツや、グッズの通信販売までユーザーに提供できるところ。電子書籍だけでなく角川グループのもつ多様なコンテンツを提供できる点が、従来の電子書籍プラットフォームと異なるとしています。将来的には、紙と電子版の同時発売や電子版オリジナル作品もリリースするそうです。 

 また、外部ソーシャルメディアとの連携や、角川グループ以外の外コンテンツプロバイダーの受け入れについても積極的に取り組み、紙と電子版との共存を目指すとしています。

角川グループの新電子書籍プラットフォーム『Book☆Walker』

 
 今年12月に先行リリースされる機能限定版は、iPhone/iPadのアプリ形式。ライトノベル、コミック、一部の文芸書を購入可能で、ラインナップは100作品程度。毎週20作品前後を追加していく計画。

角川グループの新電子書籍プラットフォーム『Book☆Walker』

 
 正式サービスイン時には1000作品まで拡充し、Androidほかスマートフォン、タブレット機、PCなどにも対応。決済はクレジットカードまたはプリペイドカードを予定。新書、雑誌、実用書、写真集などさまざまなジャンルを用意し、ラインナップを拡充していきたいとのこと。

角川グループの新電子書籍プラットフォーム『Book☆Walker』

 
 コンテンツは角川グループの出版社10社が提供し、配信は同グループの角川コンテンツゲートが担当。コンテンツを提供する出版社は以下のとおり。

角川書店
アスキー・メディアワークス
エンターブレイン
富士見書房
角川マーケティング
角川SSC
角川マガジンズ
角川学芸出版
中経出版
新人物往来社

角川グループの新電子書籍プラットフォーム『Book☆Walker』
角川グループのコンテンツが多数ラインアップされる予定。

 
 角川グループホールディングス会長の角川歴彦氏は、出版文化の多様性について触れ「大きなプラットフォームになりたいが、いろいろなプラットフォームがあっていい。そのなかで角川グループに共鳴してくれる出版社やメーカーがあれば一緒にやっていきたい」と語り、他社との共存や連携について前向きな姿勢を見せました。

角川グループの新電子書籍プラットフォーム『Book☆Walker』
右から、角川グループホールディング会長の角川歴彦氏、同社社長の佐藤辰男氏、角川コンテンツゲート社長の浜村弘一氏、同社常務の安本洋一氏。

 
 電子書籍をめぐる動きが激しくなるなか、出版業界大手の角川グループによる今回の発表は各所に大きな影響を与えそうです。今後の動向を見守りたいと思います。

 Book☆Walkerのロゴやさらに詳しい情報は11月20日から秋葉原で開催される『電子書籍・コミックサミットin秋葉原』で発表されるとのこと。興味のある方は要チェック!

電子書籍・コミックサミットin秋葉原

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking