2010年10月14日21時38分

ソニーのフォトフレーム“S-Frame”シリーズに新モデル登場!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

まだ気が早いかもしれませんが、そろそろクリスマスプレゼントどうしようかなあ、なんて季節になりましたね。1年がたつのはあっという間です。ソニーから、フォトフレーム“S-Frame”シリーズの新製品が発表になりました。7インチ~10インチまでの計8モデル。そのなかから気になった製品をご紹介します。

ソニーフォトフレーム

10.2インチの『DPF-XR100』と8インチの『DF-XR80』が上位モデル。予想実売価格はXR100が4万円前後、XR80は3万円前後。11月26日発売予定。カラーはブラックとシルバーの2色です。

AVCHD動画ファイルを再生できるのがポイント。一眼やビデオカメラなどで撮影した1920×1080ドットのフルHD動画をスライドショーなどで再生して楽しめます。ただし、液晶解像度はXR100が1024×600ドット、XR80は800×480ドットと、どちらもフルHDではありません。

続いて、丸みを帯びたデザインが特徴の『DPF-D830』。こちらはなんと、初のバッテリー内蔵モデルです。ただしバッテリー駆動は公称100分と、持ち歩いて屋外で使うには、やや心もとないかも。別の部屋に運んでちょっと使うというイメージでしょうか。

ソニーフォトフレーム ソニーフォトフレーム

↑8インチで予想実売価格2万円前後。11月6日発売予定。色はシルバーのみ。こちらはAVCHD動画再生には非対応です。

おすすめは、同社の特徴でもある、スワロフスキーを施した、7インチの『DPF-D720』。11月6日発売予定。予想実売価格はホワイトが1万6000円前後、ブラックは1万4000円前後です。ゴージャスですねー。

ソニーフォトフレーム ソニーフォトフレーム

7インチの『DPF-E710』の特徴は、フロントパネルが交換できる、着せ替えに対応する点。白、ピンク、緑のフレームが同梱しています。予想実売価格は9000円前後、11月6日発売予定です。

ソニーフォトフレーム

フォトフレ―ムは、上位モデルは自分で使う用、1万円前後のエントリーモデルはギフト用で買う人が多いようです。
まだ少し気が早いですが、ボーナスで自分へのごほうびに、または実家の親に贈ったり、もちろんクリスマスプレゼントにしてもいいですね。ちなみに私も、もしくださる方がいれば喜んで頂戴しますよ!

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking