2010年08月05日20時09分

ドコモのLYNX、通信電池U300で使えるかしら?

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 クラムシェル型アンドロイド端末『LYNX SH-10B』(シャープ)はフツーのスマホとして売られていますが、「こんなんで話すか!」って個人的には思うんです。

LYNX SH-10B

 でも、大きなキーボードは打ちやすくて魅力的。もっと安価なデータ通信プランで使いたいという需要はあると思います。端末の入手が問題だったりもしますが、エイヤー!っと検索すると、ホワイトな新品ロムくんが諭吉×4+英世×3と引き替えで結構簡単に手に入っちゃったりするようですし。あとは、日本通信の通信電池『b-mobileSIM U300』がLYNXで使えればカンペキなんではないかと……。早速試してみましょう。

通信電池を入れます
LYNX SH-10B
↑b-mobileSIM U300を入れてみます。見た目はFOMAカードそのものですケド。
通信設定を開きます
LYNX SH-10B
↑そのままでは接続できないので、APNを設定します。
U300の設定を入れます
LYNX SH-10B
↑設定値を入力(クリックで拡大)。名前は任意、プロキシはWebアクセラレータを使う場合に必要です。パスワードは“bmobile”。talkingSIMでも一緒のハズ。
作成したAPNを選択
LYNX SH-10B
↑コレが結構忘れがち。設定方法はXperiaのソレとまったく同じでした。電波の状態を示すゲージもちゃんと表示されます。
問題なくつながった!
LYNX SH-10B
↑バッチリでした☆ やはりWebアクセラレータは体感速度が上がりますので、U300ではマストですね。

 要はLYNXはSIMロックがかかっているけど、日本通信がドコモのMVNOなのでスルーできてしまうというわけです。auのIS01では、こうは行きません。しかし、アンドロイド端末なんて、もう全部SIMロック外して売ればいいとか思うんですケド私、間違っているでしょうか?

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking