2010年07月07日20時22分

海を越えやってきたフルキー極小Android『XPERIA X10 mini pro』

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 2月にバルセロナでひと目惚れしたレイチェルの双子の妹のほう『XPERIA X10 mini pro』(ソニー・エリクソン)が、やっと海を越えて会いに来てくれました。感動の再会☆

XPERIA X10 mini pro XPERIA X10 mini pro
XPERIA X10 mini pro
↑パッケージ。今回は1shopよりeXpansysが早かったです。あ、海外通販サイトの話です。
XPERIA X10 mini pro
↑カラーはブラック。この状態では双子の姉『X10 mini』と区別つきにくいです。姉がドレスアップしていれば別ですが。
XPERIA X10 mini pro
↑背面。全体がバッテリーカバーになっています。カメラは5メガ。
XPERIA X10 mini pro XPERIA X10 mini pro
↑バッテリーカバーは横の溝からバキバキっと、ちょっと乱暴に脱がせます。ゴメンね。内部にSIMカード、microSDカード挿入口があります。 ↑バッテリーはアップサイドダウンな感じで入っています。容量は970mAh。
XPERIA X10 mini pro
↑左側面にマイクロUSBのお口を備えます。
XPERIA X10 mini pro XPERIA X10 mini pro
↑ぽよんな子と比較。二股かけてるわけではありません。 ↑X10 mini proのほうがぽっちゃりちゃんで小柄。

 見る人みんな「カワイイ~」言いますね。やはり、そう言われる子と一緒にいるのは悪い気はせんです。しかもカワイイだけでなく、脱ぐとスゴイんです。フルキーQWERTYキーボードが出てくるわけですが、その感触がたまりません。ドコモ版XPERIAはアップデートしても文字入力がどうしてもiPhoneほど快適になりませんでしたが、このキーボードだったら負ける気がしませんね。両手打ちになりますけど。

XPERIA X10 mini pro
↑そんな彼女が変貌する瞬間……。
XPERIA X10 mini pro
↑ちなにみ、日本語ロケールはありませんでした。あったと思ったら、ジャワ語やった^^;
XPERIA X10 mini pro
↑このキーボードがすばらしいデキなのですよ。
XPERIA X10 mini pro
↑両手でプチプチやるタイプ。クセになる感触。もう離れられない。

 恋人はアンドロイドなわけですが、OSは1.6とドコモから出てるXPERIAと同じバージョンです。世の中は2.1、2.2と進み3の話まで出ていますが、まぁQVGAなminiでは1.6で十分な気もします。CPUパワー的にも省電力的にも1.6がピッタリなんじゃないかしらと。動きはサクサクで、メニューエフェクトも姉レイチェルより凝っていますから、前世代的な感じはまったくしません。

XPERIA X10 mini pro XPERIA X10 mini pro XPERIA X10 mini pro
↑画面はQVGAなので、メニューアイコンは少なめ。ウェブブラウズにも向きませんね。 ↑タッチに敏感でキビキビと動きます。なんかいろいろ最初から入ってました。 ↑あ、このゲーム好き。iPhoneにもありましたねー。

 この子はSIMフリーダムなハーフ。追って日本語を教えてあげたりSIMを挿入したりして、より深い仲になるべく努力を惜しむことはないであろうと、アックン・オッペンハイマーは述べています。

 X10 mini proは、スマートフォンというより、文字入力とファッション、携帯性に特化したアンドロイドの入門機といった感じですから、iPhoneと一緒に持つのがなにげに正解な気がしてなりません。むろん、3姉妹そろえてハーレムも悪くありませんが……。

 さて、日本ではどうでしょうねー。一説ではドコモはこのあと、10数台のスマホを準備中だとか。私はその中に絶対に含まれていると信じてます。だって、サービス面で遅れているソニエリがアップルに勝つには、多モデル展開しか考えられないですから。出さなかったら、ねぇ……。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking