2010年02月18日17時18分

Windows Phone 7の真実(Mobile World Congress 2010続報)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 今回のMWC目玉トピックのひとつであるマイクロソフトの『Windows Phone 7 Series』。CEから続くWindows Mobileのバージョンアップではなく、新シリーズとして1からつくった携帯プラットフォーム向けOSとして大々的に発表されたわけですが、発売もちょい先(今年のホリデーシーズン、日本はおそらくもっと先)だし、いまいちわからん部分もたくさんあります。
 そこで、昨年の6.5ローンチのときにもご登場いただきました、おなじみMS越川部長が、たまたまスペインの街を歩いていらっしゃったので、気になる部分をズバリ直撃しちゃいました!

MSの越川部長
Windows Phone 7の真実(Mibile World Congress 2010続報)
↑ツイッターでルー大柴さんの親戚であることを明かすや否や、フォロワーが倍増したそうです。よく見ると似てる?

――まず、7の魅力を越川部長の口から是非☆
 誰でも指でササッと直感的に扱えるUIにつきます。メニュー画面は以下から構成され、各サービスやアプリと連携させることができます。これらは“ハブ”と呼ばれます。
 
 

その1=ピープル ハブ
MWC MS Windows Phone 7
「これまで専用アプリを起動して行なっていたメールやSNS、ツイッターの情報などを人物からたどってまとめて“タイル”で一覧できます」
その2=ピクチャー ハブ
MWC MS Windows Phone 7
「ローカルのギャラリーとウェブサービス上のギャラリーを、同じように扱えます。端末カメラで撮影した画像のポストも行なえます」
その3=オフィス ハブ
MWC MS Windows Phone 7
「MSオフィスの文書を作成、編集、管理できます。シェアポイント対応なので、VPNを経由せず社内文書にアクセスも可能です」
その4=ゲーム ハブ
MWC MS Windows Phone 7
「Xbox LIVEの機能をサポートします。Xbox 360のアバターを編集することも可能になります」
その5=ミュージック+ビデオ ハブ
MWC MS Windows Phone 7
「音楽プレーヤー『Zune』ほぼそのままの機能です。専用クライアントソフト、クラウドサービスを用いコンテンツを管理できます」

その6=アプリケーション ハブ

「マーケットプレイスで購入したアプリやXbox以外のゲームを扱います」

――6.5以前は高速なCPUでUIのパフォーマンスを引き出すという、PC的なアプローチでした。今回はハードとソフトの統合について、いかがでしょうか?
 iPhoneは特別高速なCPUを搭載しているわけではありませんが、快適さに定評があります。これはソフトとハードの完璧なチューンによって実現できることです。我々は複数のベンダーが対象なので、両者の統合について、ともに共通化する部分を設けることで実現します。ハードに求める部分はクルマの構造に例え“シャーシ”と読んでいます。シャーシにはメモリーやCPU、静電式タッチ液晶などが必須条件となりますが、詳細は調整中です。規格を定めることにより、各ハードウェアベンダーには部材調達が容易になる、低価格な端末を提供しやすくなる、開発期間が短縮できるといったメリットが発生します。むろん、ソフトウェアの動作環境も統一されてくるので、アプリケーションのリリースにかかる期間やコストも短縮化できるでしょう。

――シャーシが決まってしまうと、各端末の独自性が削がれそうに思えるのですが……。
 我々は、開発者の創造力を止めることは決してやりません。Windows Phone 7“Series”としているように、いろんな形状の端末が出てくるよう、期待を込めて柔軟性をもたせてあります。キーボードを搭載した端末も、もちろん出てきますし、ゲーム機型、音楽プレーヤー型など可能性はいろいろ考えられます。

――会場には6.5ベースのOSにシェルをかぶせているものが目立ちました。7でも同様になるのでしょうか?
 実は、7にはシェルといった独自UIはかぶせられません。これだと、メーカーが差別化できないという面も確かにあります。しかし、UIの開発は非常にコストがかかり、納期にも影響が出ます。7の新UIはシンプルかつ機能的で、シェルを必要としないよう意識しています。

――HTCなどはアンドロイドとも共通のガジェットを採用していますが、ガジェットは?
 これも未定です。

――そうそ、7ってマルチタスクなのでしょうか?
 現時点ではお話しできないんですよ。何をもって“マルチタスク”とするか、で、答えも変わってくると思います……。

――今後、7と6.5はどういう関係になっていくのでしょう?
 6.Xシリーズも革新は続きます。実は、Windows Mobileのバージョン6.5.3をアナウンスする予定なのですが、すでにMWCに展示されてしまいまして^^; 片手で使いやすいようUIに若干手を入れたほか、IEのレンダリング速度の改善、静電式タッチパネルへの対応などがなされています。

――でも6.99になったら、あとがないじゃないですか?
 そうですね、ブランド名を変えることも検討しています。

会場に展示されていたWindows Mobile 6.5.3搭載端末

東芝 K01 HTC HD mini
MWC MS Windows Phone 7 MWC MS Windows Phone 7
↑4.1インチのワイド液晶を搭載。スライド式フルキーボードを搭載しながらも、約12.9ミリという薄さが特徴です。 ↑3.2インチ液晶を搭載した『HD2』の小型版。Windows Mobile 6.5.3に独自の“Sense UI”シェルをかぶせてます。

 7も楽しみですが、6.5.3も是非日本で出てほしいですね。ん~、楽しみがいっぱい。もちろん、週アスでは引き続きWindows Phoneの動向をチェックしてまいりますよ!

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking