2009年11月13日16時02分

ウサギ型から紙製まで最新ロボット大集合

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

週刊アスキー760号(11月10日発売)、特集『最新ロボット大集合』で紹介したロボットたちの動画をお届けします。

ナバズタグ
My ドラえもん プリモピース

 無線LANでネットにつながるウサギ型ロボット『ナバズタグ』。かわいい外見はもちろん、メールやニュースを読み上げる機能性も魅力です。個人的にはちょっと毒の入った“ひとりごと”が好きです。
 光や熱を感知して、暗くなると眠り、「この部屋暑くない?」と環境にあった会話をする『My ドラえもん』。絶妙にかみあってたり、なかったりするトークが楽しいです。
 10周年をむかえる『プリモプエル』の最新作『プリモピース』。手をにぎったり、抱っこしたり、おでこをなでると、おしゃべりするというわかりやすいインターフェースを搭載。


夢ねこヴィーナス PLEO マイクロペット-i

『夢ねこヴィーナス』は“不気味の谷”を超えたと思えるリアルな動きにドキっとします。『PLEO』はしっぽの動きが秀逸。オモチャっぽく見える『マイクロペット-i』ですが、自分で障害物をよけるなど、意外に高性能。特に得意げな合唱は一見の価値ありです。


レゴ エデュケーションWeDo エコ・ロボットヘッド
ロボクラフトシリーズ D.I.Yペットシリーズ ロボット R-35

レゴといえば『マインドストーム』が有名ですが、『レゴ エデュケーションWeDo』は教育用キット。『エコ・ロボットヘッド』は、ロボットなのに電池のいらないエコ製品。タミヤのモーターを使用した『ロボクラフトシリーズ』や簡単な工作キット『D.I.Yペットシリーズ』の動きもユーモラスです。そして、これだけ高性能なロボットの中で、個人的にいちばん好きなのが紙製の『ロボット R-35』。ベストロボットが『ロボット・カミイ』の私にとって、こいつが完成して歩いた瞬間は感涙ものでした。


ウルトラ恐竜スパイク ROBO-Q

『ウルトラ恐竜スパイク』と『ROBO-Q』の動画はこちらに掲載しておりますので、あわせてご覧ください。

迫力ある動きの大型ラジコン『ウルトラ恐竜スパイク』

二足歩行ロボット『ROBO-Q』動画プレビュー
 

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking