セイコーインスツルの電子辞書『SR-G6001M』のPC連携機能を試してみた!

文●ジャイアン鈴木 機材協力●動画はキヤノン『iVIS HF S11』を使用しています

2009年11月16日 06時00分

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 セイコーインスツルから11月下旬に発売される電子辞書『SR-G6001M』。一見フツーの電子辞書だけど、実はPC連携機能が強力なのだ。てなワケで、PCから『SR-G6001M』内の辞書データを検索できる専用ソフト“SII PASORAMA”と、名刺管理ソフトのビューアー機能を検証してみたので、早速動画をご覧くださいマセ!

国内で初めて名刺ビューアー機能を搭載!
SR-G6001M
↑上位モデル『SR-G7001M』と下位モデル『SR-G6001M』の違いは辞書の収録数のみ。当然『SR-G6001M』にも名刺ビューアー機能は搭載されている。予想実売価格は『SR-G7001M』が3万8000円前後、『SR-G6001M』が3万円前後。
この記事をはてなブックマークに追加
Pocket
  • Google Bookmarksに登録
  • mixiチェック

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking