2009年09月11日17時00分

これは何? 巨大な色鉛筆が落っこちてきそうな森

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
 この記事はデジタル&カルチャーマガジン『work&technica』から転載・加筆したものです。
パスカル・マルティン・タイユー作 / 『リバース・シティ』

  これは、今年8月に新潟で開催された『越後妻有アートトリエンナーレ 大地の芸術祭2009』で展示されたアート作品。

 
パスカル・マルティン・タイユー作 / 『リバース・シティ』
パスカル・マルティン・タイユー作 / 『リバース・シティ』

  冒頭にも写真を掲出した巨大な色鉛筆。1本ごとに国名が示されており、国はいずれも小国ばかり。色鉛筆でイメージするのは、子どもと学校。鉛筆1本の重さは命の重さをあらわしているのかもしれない。

(from works&technica

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking