2009年06月30日04時35分

トランスフォーマー オプティマス&ジェットファイアー

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

ネット上ではMacBookがトランスフォームしたり、
バイクがトランスフォームしたり、大変ですが、
『トランスフォーマー/リベンジ』はもうご覧になりましたか?
前作『トランスフォーマー』は変形シーンが速すぎるっと思っていたのですが、今回は変形の要所要所でポーズを決めてくれるので、トランスフォームする様子がわかりやすく、カッコよさもパワーアップしてます。
前回の変形がパパパパパッだとすると、
今回はパ、パ、パッ、パーンという感じでしょうか。

さらに、今回は“変形”だけでなく“合体”もしちゃいます。

hirano0630-01.jpg

まだご覧になっていない方のために詳細は語りませんが
特にオプティマスプライムとジェットファイアーの合体は
ストーリー的にもロボット的にも感動の場面です。

『トランスフォーマー』が元々、日本のオモチャから生まれたことは
いまさら説明するまでもないと思いますが、
映画版にあわせて発売された『トランスフォーマームービーシリーズ』では、この“変形”、“合体”が見事に再現されています。

まずは、オプティマスプライムの変形から。


高画質版再生ボタン

次はジェットファイアー。
「戦闘機から変形するなんてバル○リーみたい」と思ったあなた、いい勘してますね。 ジェットファイアーの歴史をたどると(以下略)


高画質版再生ボタン

hirano0630-02.jpg
ジェットファイアーのブラックバードとオプティマスのトレーラー。

hirano0630-04.jpg
合体前の様子。

動画で見ると一瞬ですが、プラモも作ったことのない私は、ジェットファイアーを変形させるのに2時間かかって泣きそうになりましたが、ホビー担当中村さんは30分くらいでした。
しかし、この変形、「おっ、ここが翼になるのか!」、「肩が何段階にも動いてピタっと収まる!」などなど、あちこちのディテールに職人技を感じましたよ。
映画のCGもすごいけど、それをオモチャで実現しちゃうとこが、
トランスフォーマーのいちばんすごいとこですね。

hirano0630-03.jpg
“足の裏”だと思っていたものが“バンパー”になる感動!

hirano0630-05.jpg
窓にきっちり詰め込まれたギア。

本日発売の週刊アスキー7/14号『トイ通信』では、オプティマスプライム、ジェットファイアーのほか、バンブルビーやデバステーター(これがまたカッコいい)も紹介しています。
商品情報の詳細はタカラトミーのサイトでご確認ください。
(平野)

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking