2009年03月16日19時47分

新型iPod shuffleレビュー☆前編

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

1-Cimg3625.jpg

来ーましーたよ~ん☆ さらに! 幸運にもアップルのワールドワイドプロダクトマーケティングご担当、ショーン・エリスさんにお会いすることができました!! いろいろ新shuffleについてお話いただいたので、ところどころ会話を交えてレポートいたします!

2-20090316278.jpg
↑箱ですね。今回、シルバーとブラックを用意したのは「最も安定した人気のカラーだから」(ショーンさん、以下略)とのこと。箱もかなりコンパクトですよー。

開封の儀式は動画でどーぞ☆

3-Cimg3622.jpg
↑しょへ~、ちっちゃいの。カワイイの。でも、小さすぎて自慢できない! 見せびらかしたいよー。

4-20090316277.jpg
↑上部にイヤホンジャックがありんす。スイッチは1st、2ndと同様、オフ、リピート、シャッフルの3段階っす。

5-20090316274.jpg
↑背面のクリップは指紋が目立ちまっせ。この部分はブラックも同じです。

6-Cimg3623.jpg
↑イヤホンジャックにUSBケーブルを挿してPC/Macと同期します。オプションでよりロングなケーブルも用意されています。ちなみに2ndのケーブルとは互換性ないそうです。

7-Cimg3624.jpg
↑本体側の操作部を排し、イヤホンケーブル側に操作ボタンを設けています。この部分、以前ご紹介した『Apple In-Ear-Headphones』のやつと同じですよね。ひょっとして新shuffleでも『Apple In-Ear-Headphones』使えるのでしょうか? 「はい、使えますよ!」キャー、ウレシー、パチパチパチ☆ よりいい音で楽しますね♪

8-20090316268.jpg
↑歴代shuffleと比較してみましょう。まず表。左から1st、2nd、そして今回発売された3rdです。

9-20090316269.jpg
↑裏はこんな。2ndも驚きの小ささですが、3rdはそのさらに半分ですからね。

1stから2ndはウェアラブルという進化でしたが、2ndから3rdへの進化はなんだったのでしょうか?

「実はiPhoneからヒントを得ました。手元で電話に出たり切ったりというコントロールを見てひらめいたのです。コントロールを完全に本体から切り離してしまうことで、体積を半分にすることに成功しました」

なるほろー! 後編では今回の目玉である“読み上げ機能”の真相に迫っていきます!(ACCN)

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking