2008年10月20日20時38分

WIRED NEXTFEST in Chicago : 第1回

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

米有力デジタル誌のWIREDが主催する、近未来技術の展示会が『NEXTFEST』だ。今年は9月26日から約2週間、米シカゴで開催され、トヨタなどがメインスポンサーを務めた。同展示会に出展されたおもしろアイテムを5回にわたり動画で紹介する。


wiredfst01.jpg

今回紹介する動画はこちらの4点だ。

・叩くと瞬時に硬化するスライム
・NASAの高精細デジタルズーム
・ゼロックスのエコインク
・24時間で消えるリユース用紙

叩くと瞬時に硬化するスライム

日本のテレビ局でも紹介された、不思議な性質を持つスライム状の物質『d3o』。英d3o社の開発で、スノボ用ウェアのヒジ当てなどですでに実用化されている。

NASAの高精細デジタルズーム

グーグルアースでおなじみのデジタルズーム機能はNASAと共同開発したもの。地図だけではなく、風景写真や美術館の展示写真などにも応用できる。

ゼロックスのエコインク

インクを固形化することでパッケージを廃し、廃棄率を大幅に低めている。木の幹は、原木の利用率を4割から9割に高めた紙で作られている。

24時間で消えるリユース用紙

紫外線で印刷した内容が24時間で消えるというもの。オフィスで印刷された紙の4割はその日のうちに捨てられるため、この紙で紙の消費を抑制できる。(K)

WIRED NEXTFEST

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking