2018年11月15日23時00分

Radeon RX 590最速レビュー、GTX 1060をコスパで圧倒!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 2018年11月15日23時(日本時間)、AMDは“Polaris 30”として噂されていた新ミドルクラスGPU「Radeon RX 590」を正式発表した。型番から分かる通り最新のVega系列(第5世代GCN)ではなく、Polaris系列(第4世代GCN)のプロセスを14nm FinFETから12nm FinFETにシュリンクして再設計した製品となる。

 ライバルがレイトレーシング(DXR)だGDDR6だ、4K&HDRゲーミングだと攻め手を緩めぬ最中になぜミドルクラスへ新製品を投入するのか? と思ってしまうところだ。

 だがPCゲーマーの大半はフルHD液晶を使い、3人にひとりのゲーマーは200~400ドルのGPUを使い、さらに2年以上GPUを更新していないユーザーもまだまだ存在するという現実がある(AMDの弁による)。つまり旧世代GPUからより付加価値の高いモダンなGPUへ乗り換えを促す製品が必要なのだ。

 これに対するAMDの解答が、今回紹介するRX 590なのである。1世代前のRX 580は壮絶な仮想通貨マイニング需要の前に、一時期市場から姿を消していたという経緯がある。しかし、仮想通貨バブルの弾けた今、RX 590の登場は準ハイエンドGPUに手が出ないゲーミング需要を満たすものと期待される。

 今回はASRock製のRX 590搭載カード「Phantom Gaming X Radeon RX 590 8G OC」の評価版を試用する機会に恵まれた。果たしてRX 590は再びゲーマーを導く極星に返り咲けるのだろうか?

RX590
検証用にとお借りしたASRock「Phantom Gaming X Radeon RX 590 8G OC」。ただ機材提供時期の関係なのか、受領時にはバックパネルが未装着だったりと、土壇場進行を伺わせる個体であった
RX590
AMDの資料より抜粋。ゲーマーの多くがフルHD液晶、200~400ドルのGPUを使っているという。この層の買い替えをRX 590で掘り起こそうというのがAMDの戦略のようだ
RX590
GPUマーケットの抱える問題点が、アッパーミドル~準ハイエンドとミドルクラスの間にある価格&性能ギャップ。この間隙を制する者ミドルクラスGPUの買い替え需要を制す、といったところか
RX590
RX 590が狙うターゲットゲームとfpsはフルHD環境前提で設定されている。PUBGなら60fps以上、Rainbow Six: Siegeなら120fps以上出せる(あくまで公称だが)という意味だ

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking