2018年11月14日10時00分

アップル「MacBook Air」のゴールドは見た目麗しく触り心地も極上

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

8年ぶりに完全リニューアルした
MacBook Airの進化点は多数

 11月7日、新型MacBook Airが発売された。早速、ファーストインプレッションをお届けしたい。MacBook Airの大幅リニューアルはなんと8年ぶり。期待どおり、いろいろと進化している。

MBA
しばらくMacBook Airを使ってみた

 ディスプレーサイズは13.3インチで、Retinaに対応。解像度は2560×1600ピクセルになった。そして、今回うれしいのはカラバリが用意されたこと。シルバーに加え、ゴールドとスペースグレイが選べるのだ。今回レビューしたゴールドは若干オレンジがかっており、上品な印象。とはいえ、MacBook Airのシェイプでゴールドというのはやはり目立つ。従来モデルはシルバーだけだったので、オフィスでの打ち合わせや喫茶店でドヤ顔できそう。筆者はゴールドやローズゴールドが好きなので、もうこれだけで惹かれてしまう。

 本体サイズは304.1×212.4×4.1~15.6mm、重量は1.25kgとなっている。従来モデルは325×227×3~17mm、1.35kgなのでずいぶんコンパクト&軽量になった。ディスプレーサイズは同じなのに、本体を重ねてみると違いが明確。ベゼルが細いのはやはり見た目がいい。

MBA
箱もカラバリごとに用意されている。今回レビューしたのはゴールド
MBA
従来モデルに重ねてみると、コンパクトさがわかる
MBA
MBA
給電ケーブルはもちろんUSB Type-C

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking