2018年11月09日10時00分

Mate 20 Proより大きい「HUAWEI Mate 20」がアキバで入荷!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 ファーウェイの最新SoCであるHUAWEI Kirin 980やトリプルカメラを搭載した「HUAWEI Mate 20」が販売中。取り扱っているのはイオシス アキバ中央通店で、店頭価格は9万6800円だ。

Mate20
Mate20
ファーウェイの「HUAWEI Mate 20」シリーズでスタンダードモデルに位置付けられる、「HUAWEI Mate 20」が店頭販売中だ

 HUAWEI Mate 20は、国内未発売のファーウェイ製スマートフォン「HUAWEI Mate 20」シリーズのスタンダードモデル。最上位の「HUAWEI Mate 20 Pro」より一回り大きな6.53型ディスプレーを採用しつつ、搭載スペックやカメラ性能が抑えられている。

 プロセッサーはシリーズ共通でファーウェイの最新SoC、HUAWEI Kirin 980を搭載。メモリーは6GBでストレージ128GBを内蔵。OSはAndroid 9.0ベースの独自UI「EMUI 9.0」を搭載している。

Mate20
Mate20
画面内指紋認証には対応しない代わりに、極小ノッチのベゼルレス仕様になったディスプレー。背面にはトレードマークの3眼カメラと指紋認証センサーを備えている

 ディスプレー解像度は2244×1080ドット。画面内指紋認証には対応しないが、“水滴型”の極小ノッチを備えたベゼルレスディスプレーが採用されている。また、指紋認証センサーは背面に装備している。

 カメラはHUAWEI Mate 20 Proと同デザインのライカ製トリプルレンズだが、構成は1200万画素+1600万画素+800万画素。フロントには2400万画素のインカメラを備えている。防水・防塵には非対応で、最大22.5Wの急速充電に対応した4000mAhバッテリーを内蔵する。

Mate20
Mate20
デュアルSIM対応のモデルで、コネクターはUSB Type-Cを搭載。カラバリは2色が入荷した

 SIMスロットは、nanoSIM×2のデュアルSIM構成。ショップによれば、ネットワークはLTEバンド 1/2/3/4/5/6/7/8/9/12/17/18/19/20/26/28/34/38/39/40/41などに対応するという。

 カラバリは、Midnight BlueとBlackをラインナップ。「買い取りで入荷してきた未使用品」(ショップ)とのことで、店頭在庫は少なめだ。

【関連サイト】

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking