2018年11月08日14時25分

知識なくても予実管理と分析できるクラウド型ツール 「KINCHAKU」

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
kc

 SETE MARESは11月7日、予実管理分析ツール「KINCHAKU」を正式リリースしたと発表。

 これまでスプレッドシートで管理されていた予実情報を、会計などの専門的な知識がなくても直感的な操作だけで簡単に管理・分析ができるとしている。

 たとえば、およそ10個の項目を入力するだけでシミュレーションし、新規事業の収益可能性を確認できる。また単なる予実管理ではなく、「ローンチ費用」「原価」「マーケティング関連費用」を個別に管理し、効率的な経営判断を後押しするという。

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking