2018年11月08日14時30分

2920Xと2970WXの価格はお得か?Ryzen Threadripper全モデル検証

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

ゲーミング用途ならRyzen 7 2700Xを選ぶのが吉

 Far Cry 5はThreadripperの悪いところが思い切り出たようなベンチマークだったが、CPU負荷のより高い「Shadow of the Tomb Raider」ではどうだろうか。APIはDirectX12、画質は“最高”とした。ゲーム内ベンチマーク機能を利用し、CPU側で処理するゲーム処理のフレームレート(CPU-最小5%/CPU-平均/CPU-最大)と、プレーヤーが実際に目にするベンチマークシーン全体の平均fps(シーンfps)をそれぞれ比較する。

ASCII
Shadow of the Tomb Raiderのフレームレート。

 Far Cry 5ではコア数と性能が反比例していたが、このゲームではあまり変わらない。むしろDynamic Localモードを有効にすると微妙にフレームレートが落ちていた。2950X/2920Xと2990WX/2970WXに実質的なフレームレートの差がない点を考えると、内部的にコンピュートダイでも十分パフォーマンスの出せる処理をしているようだ。

 続いてはぐっとCPU占有率の低い「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」で試す。6コアCPUでも十分余裕のあるゲームなので、Threadripperには負荷にもならないゲームだが、結果的にこれがThreadripperのコンピュートダイの挙動を見る良いテストとなった。

 画質は“ウルトラ”とし、マップ“Erangel”におけるリプレイデータ再生時のフレームレートを「OCAT」で測定する。WX付きモデルについては他のCPUより試行回数を増やして測定し、ワーストケースと判断したものを記載した。

ASCII
PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS単体実行時におけるフレームレート。

 まずWX付きモデルに関しては、Dynamic Localモード無効時に大きくフレームレートが落ちているが、Dynamic Localモード有効時とほぼ同程度のフレームレートが観測されることもある。Dynamic Localモード無効では振れ幅が異常に大きい。この理由については後ほど解説するが、高めで安定するパターンに入るとPUBGを落とさない限りはそのまま安定する。Dynamic Localモード有効時は2950Xなどよりもやや高いフレームレートが観測されたが、この程度は誤算の範囲だ。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking