2018年11月08日14時30分

2920Xと2970WXの価格はお得か?Ryzen Threadripper全モデル検証

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

Adobeのエンコーダーでは2950X/2920Xが上位よりも優秀

 では動画エンコード系のテストへ入る。まずは「Premiere Pro CC」で編集した再生時間1分の8K動画を「Media Encoder CC」を利用してMP4形式の動画にエンコードする時間を計測する。ビットレートは50Mbpsとし、コーデックは2パスH.264及び1パスH.265とした。

ASCII
Premiere Pro CC 2018で編集した動画をMedia Encoder CCで8K MP4動画にエンコードする時間。

 2990WXのファーストレビュー時点では、動画エンコードは2990WXは苦手なようだと結論付けた。だが今回Dynamic Localモードを有効にすることで、大幅に処理時間が短縮していた。ただし、それでもはやり2990WXよりも2950Xのほうが単純に速いということを考えると、「WX」付きThreadripperは動画エンコードが(少なくともAdobeの動画エンコーダーでは)苦手という結論は揺るがない。

 また、Dynamic Localモードを無効化した時のエンコード速度には大きな幅がある点を強調しておこう。今回は試行回数を多く儲けワーストケースを記述したが、Dynamic Localモード無効化の場合でも2990WXなら最短で14分台、2970WXも16分台で終わることもあった。この理由については後ほど検討するが、Dynamic Localモード無効時の結果の振れ幅は“運”の要素が絡んでいる。

 なお、Dynamic Localモードの効果が見られたのはH.264の処理だけで、より計算負荷の高いH.265では効果が出ていないのは、Zen系CPUはMedia EncoderにおけるH.265の処理を不得意とする傾向があるのと、CPU負荷があまり高くない(コアを均等に使わない)点に原因があるようだ。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking