2018年10月23日09時00分

もう試した? macOS Mojaveのオススメ新機能ガイド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
Mojave
バージョン番号は10.14。Mac OS X、OS Xから現在のmacOSまで続く15番目のメジャーバージョンアップとなる

 アップルは日本時間9月25日2時、新OSとなる「macOS Mojave(モハべ)」をリリースした。今回も多数の新機能が加わったので、概要を駆け足で紹介していこう。

 なお利用できるMacは、OS X Mountain Lion以降以降の以下のモデルだ。

 MacBook (2015年前期以降に発売)
 MacBook Air (2012年中期以降に発売)
 MacBook Pro (2012年中期以降に発売)
 Mac mini (2012年後期以降に発売)
 iMac (2012年後期以降に発売)
 iMac Pro (全モデル)
 Mac Pro (2013年後期に発売、Metal 対応の推奨グラフィックスカードを搭載した2010年中期または2012年中期のモデル)

ダークモード

Mojave
従来通りの「ライトモード」

 従来のトーンを踏襲した「ライトモード」のほかに、暗い色調の新デザイン「ダークモード」が登場した。

 「システム環境設定」の「一般」で「ダークモード」を選ぶとツールバーやメニューも含めて落ち着いた暗めのスタイルに変更される。「ダークモード」はファインダー以外にMacに標準で搭載されている内蔵アプリに対応し、他社製アプリも順次対応していくようだ。

 アップルのサイトでは目に優しく気が散らないため、写真や動画を編集するクリエイターなどに推奨されている。

Mojave
Mojave
「システム環境設定」から「一般」を選択
Mojave
「外観モード」を「ダーク」に変更
Mojave
これが「ダークモード」だ
Mojave
Mojave
右がダークモード版の「マップ」。カーナビのナイトモードのように黒基調で表示される
Mojave
Mojave
右がダークモード版の「写真」。サムネイル画像の色味がしまって見える

ダイナミックデスクトップ

 現在地の時刻にあわせてデスクトップの色合いが変化する「ダイナミックデスクトップ」。OSの名前となった砂漠をモチーフにした「モハベ」とシンプルな「ソーラーグラディエント」の2種類が用意されている。

Mojave
「システム環境設定」を起動
Mojave
「デスクトップとスクリーンセーバー」から「ダイナミック」を選択する
Mojave
夕方のデスクトップ
Mojave
深夜のデスクトップ
Mojave
「ソーラーグラディエント」はシンプルな無地のグラディエーションカラー
Mojave
夕方のデスクトップ
Mojave
深夜のデスクトップ

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking