2018年10月20日10時00分

ロンドンまでのロングフライトをXperia XZ2 Premiumと機内Wi-Fiで過ごす

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 海外取材でイギリスはロンドンに行ってきました。レポートで使用している「Xperia XZ2 Premium(SO-04K)」は分割購入のため、まだSIMロックが解除できません。なので、現地ではローミングでの使用になります。とはいえ、イギリスもドコモローミングのキャンペーン中。滞在時間は実質3日間ちょっとなので、2480円/72時間のプランを申し込みました。

009
3日間で2480円ならSIMを買ったりモバイルルーターを借りるよりも安い

 現地ではこのローミングで使用していたわけですが、ロンドンへのフライト中、機内でもWi-Fiサービスを使ってインターネットに接続しました。搭乗したのは全日空。全日空の国際線は2種類のWi-Fiサービスがあり、機材によって利用できるサービスが違います。

 今回試用したのは「ANA Wi-Fi Service」で30分プラン(4.95ドル/15MB上限)、1時間プラン(8.95ドル/30MB上限)、フルフライトプラン(19.95ドル/100MB上限)から選べます。ロンドンまでは約12時間とながいので、フルフライトプランを申し込みます。

009
「ANA Wi-Fi Service」の登録画面

 設定方法は、機内モードのまま設定アプリからWi-Fiをオンにして、アクセスポイントに接続。すると通知領域にログインの通知が表示されるので、タップするとサービスの申込み画面に切り替わります。

 あとは画面の指示に従って必要な項目を入力していくだけ。アカウントの登録やログインなどの作業がありますが、意外と読込に時間がかかるので気長に待ちましょう。また支払いにはクレジットカードが必要です。

009
すでにアカウントを持っていれば、アカウント名とパスワードでログインできる
009
支払いのためクレジットカードの情報を入力

 登録が完了すればインターネットに接続して、各種サービスが利用できます。しかし、機内Wi-Fiなので速度はあまり期待できません。最大100MBなのでデータ通信量がもったいなく、速度計測はしていませんが、Facebookへの写真投稿が失敗するなどサクサクにはほど遠い感じです。

 ただ、Instagramへの投稿はなんとかできました。FacebookやTwitterのタイムライン更新は問題なし。SmartNewsでのニュース記事閲覧も、読み込みに若干時間がかかりますが問題なく使えます。

009
機内Wi-FiでもInstagramへの投稿はできた

 フライト中ずっと使用するのではなく、気がついたときにSNSやニュースをチェックするといった使い方でしたが、やはり100MBでは足らず、6時間ほどで使い切ってしまいました。とはいえ、機内でインターネットに接続できるといい暇つぶしになるので、ロングフライトが苦になりません。全日空ももうひとつのサービス「ANA Wi-Fi Service2」なら、データ通信量制限がないので、できれば全機材で「ANA Wi-Fi Service2」を提供してくれればと期待したいです。

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking