2018年10月17日20時15分

Xperia XZ3実機レポ! 有機ELの表現力とカメラの使い勝手に注目

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
XZ3
本体は前面、背面ともに曲面で強度の高いGorilla Glass 5を採用。6型ディスプレーだが、前モデルのXperia XZ2(5.7型)とほぼ同じサイズを実現。フロントスピーカーの音量はXperia XZ2と比べて約20%アップした

 Xperia XZ3は、Xperiaシリーズで初めて有機ELディスプレーを採用したモデル。画面サイズは6型でQHD+(2880×1440ピクセル)表示に対応。ソニーの大画面テレビ「BRAVIA」で培った技術を取り入れることで、有機ELを活かした高品質な写真や動画の表示を実現している。

 また、ドコモ2018年冬春モデルの中で唯一、下り最大988Mbpsに加えて、上りが2CAによる最大131.3Mbpsの通信速度に対応している。

XZ3
カラーはボルドーレッド、ブラック、ホワイトシルバー、フォレストグリーン
XZ3
背面には1920万画素カメラとおサイフケータイ、NFCの非接触IC、指紋認証センサーを搭載する。指紋認証センサーは本体中央よりやや上に配置されている
XZ3
展示会場ではソニーのBRAVIAと並べて高画質をアピールしていた

 今回の有機EL搭載Xperia XZ3と、従来の液晶を採用したXperia XZ2以前のモデルは、ともにソニーならではの絵作りを実現する「X-Reality for mobile」を搭載している。ただ、今回のXperia XZ3では有機EL特有の高コントラストと広色域を活かすチューニングが施されているという。

 もちろんHDRムービーの再生にも対応。dTVやDAZN for docomo、YouTube、Amazonプライムビデオ、Netflixの動画アプリで再生した通常のSDR映像についても、HDR相当の描画に美しさにアップコンバートしてくれる。

XZ3
X-Reality for mobileの絵作りのオンとオフを比較。オンにすると、従来の写真を有機ELの高コントラストと広色域の表現性能に合わせて、より自然かつ鮮やかに表示できる

 カメラの新機能として、スリープ中のXperiaを横向きに構えるとカメラが自動的に起動して、すぐに撮影できる機能「スマート起動」が用意された。もちろん自動起動の設定をオフにして、Xperiaならではの側面シャッターボタンからカメラを起動して撮ることも可能だ。

 アウトカメラは1920万画素で、インカメラは1320万画素。インカメラに限り、背景ぼかしや美肌などをかけたポートレート撮影を楽しめる。

XZ3
インカメラは複数人を認識したうえで背景ぼかしをかけられる

 また、カメラの撮影メニューを一新。カメラとビデオの撮影のほか、撮影モードをアイコンメニューから簡単に選べるようになった。従来の操作メニューでは機能の存在に気づかない方が多かったことから改良したという。

XZ3
カメラのUIを一新。撮影モードをアイコンから選べるようになった

 もう一つの新機能が、画面の左右どちらか側面をダブルタップして表示するする「サイドセンス」だ。ダブルタップすると、次に使いたいであろうアプリを予測して、複数のアプリや設定のショートカット画面が表示される。

XZ3
サイドセンスのメニューは、画面の左右端の曲面部分をダブルタップすると表示される

 OSは最新のAndroid 9(Pie)を搭載。ただ、ホーム画面の操作は従来のAndroidスマートフォンと同じ、「戻る」「ホーム」「タスク」の3ボタンソフトキーを引き続き採用している。Android 9で新たに採用された、下からのスワイプでのタスク切り替え画面は用意されていない。今後、Android 9の新しい操作を選べるようにするかは未定だという。

ドコモ「Xperia XZ3 SO-01L」の主なスペック
メーカーソニーモバイルコミュニケーションズ
ディスプレー6型有機EL(18:9)
画面解像度1440×2880
サイズ約73×158×9.9mm
重量約193g
CPUSnapdragon 845
2.8GHz+1.8GHz(オクタコア)
内蔵メモリー4GB
内蔵ストレージ64GB
外部ストレージmicroSDXC(最大512GB)
OSAndroid 9
最大通信速度下り最大988Mbps
VoLTE○(HD+)
無線LANIEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)
カメラ画素数リア:1920万画素(F値2.0)
/イン:1320万画素(F値1.9)
バッテリー容量3200mAh
FeliCa/NFC○/○
ワンセグ/フルセグ○/○
防水/防塵IPX5,8/IP6X
生体認証○(指紋)
USB端子Type-C
Qi
連続待受時間(LTE/3G)約440時間/510時間
連続通話時間(LTE/3G)約1310分/約940分
カラバリボルドーレッド、ホワイトシルバー、ブラック、フォレストグリーン
発売時期11月上旬

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking