2018年09月22日12時00分

小さくて強いXperia XZ2 Compactの厚みは許せる

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 2018年のXperiaシリーズは、スタンダードモデルの「Xperia XZ2」と2眼レンズを備えた「Xperia XZ2 Premium」、比較的小型の「Xperia XZ2 Compact」の3機種となっている。すでにASCII.jpでも紹介済みだが、いずれもスペックは共通する部分が多く、物理サイズや重量、解像度の違いがある程度だ。今回は、そんなXperia XZ2 Compactをチェックしていく。

11
Xperia XZ2 Compact(ソニーモバイル製)

 Xperia XZ2 Compactは5型で、2018年においては小型端末に属する。もちろん、かつては3型や4型が小型扱いだったが、すっかり5.5型や5.8型といった大型ディスプレーが標準化したことで、5型が小型といわれるようになってしまった。また、Xperia XZ2と同じく、18:9のパネルを採用しており、解像度は1080×2160ドット。左右のベゼル幅は短くなっているが、上下についてはこれまで同様の面積があり、手に持つと意外と存在感があるし、懐かしさもある。

 サイズは約65×135×12.1mm、重さ約168g。カタログスペック的にも見た目的にも厚みが気になってしまうが、グリップはしやすい。これはセキュリティー機器が背面に取り付けられているデモ機でも分かるが、ほどよい厚みのおかげで掴みやすく感じるハズだ。そのため、厚みに関しては許せる人も多いのではないだろうか。また、この厚みのおかげでバッテリー容量約2760mAhを確保できている。ちなみに横幅は前モデルの「Xperia XZ1 Compact」と同じだ。

XZ2C
正面。Xperia XZ的なまま。またスピーカーは上下端にある
XZ2C
背面はアウトカメラと指紋認証センサーの位置が十分に離れている
XZ2C
本体上部にはサブマイクがある
XZ2C
本体下部はUSB Type-Cとメインマイク
XZ2C
左側にはSIMカード/microSDXCカードスロットがある
XZ2C
右側。ボリュームボタン、電源ボタン、シャッターボタン。シャッターボタンはやや固め

 小型端末は必然的に内部レイアウトが窮屈であり、ノイズ処理が問題になる。たとえば、充電中に操作しようとすると特定の部分で誤タップが生じたり、極端に反応が悪くなったりいったことが起きがちだ。大型端末であれば、多少のノイズは操作に影響しないが、小型端末の場合は操作に影響が出やすい。なお、検証に使用した端末は開封直後のものなので、とくに影響は見られなかった。1ヵ月ほど使用したあとのケースは不明だが、この点は量販店などのデモ機で探れるだろう。

 OSはAndroid 8.0を搭載しており、Xperia XZ2と共通している。オーディオ機能として、Xperia XZ2シリーズから追加されたS-Force Front Surroundにも対応しているほか、機能面については異なる点がないため、詳細についてはXperia XZ2のレポートを確認してほしい。これはベンチマーク結果も同様で、ほとんど差がなかった。そのため、5型でハイスペック端末と、小さい端末でも高性能を求める人であれば、これが唯一の選択肢になる。

 ただ上記のように、バッテリー容量は約2760mAhとサイズからすると大容量だが、1日あたりの使用率が高い場合や高負荷の操作が多いのであれば、バッテリー管理を意識する必要はある。

XZ2C
設定についてはXperia XZ2シリーズで共通のようだ
XZ2C
S-Force Front Surroundもあり。音楽再生機としても地味に便利である

 アウトカメラとインカメラについても、Xperia XZ2と同じモジュールを搭載しているようだ。アウトカメラは裏面照射積層型CMOS1920万画素、F2.0。インカメラは裏面照射型CMOS500万画素、F2.2。純正カメラアプリの設定を見ると、画質優先と歪み補正優先とあるほか、撮影データを見ても違いらしい違いを見つけられなかった。Xperia XZ2と比べた場合、Xperia XZ2 Compactはシャッターボタンがやや押しにくいくらいだろうか。

※作例は原寸大で掲載しています。データ通信量にご注意ください。

XZ2C
日中で晴れもしくは、曇り、自然光が差し込む環境であればホワイトバランスは安定しやすい
XZ2C
画質優先で撮影すると、細かいオブジェクトのディティールまで気持ちよく保存される
XZ2C
7割くらいのシーンでプレミアムおまかせオートでいい
XZ2C
他のメーカーよりも広角のレンズを採用しているため、接写時には歪みが気になることも
Xperia
夜間ショットはなるべく見たままで、映える系ではない。この点はマニュアルモードで対応可能だ
XZ2C
ご飯写真は、照明をあまり気にしなくてもいい
Xperia
シャッターボタンは少し堅いのだが、サクサクと撮影したい場合にやはり便利だ。今回は都内某所でトークセッションを行なったライターの君国氏を撮影してみた

 2018年に国内で登場した端末の中では、小型な部類に入る。また、SoCにSnapdragon 845を搭載しているため、ハイスペックな5型として貴重な存在だ。大半の部分がXperia XZ2と同じであるため、検討する場合は物理サイズの違いを重点的にチェックすればよく、小型派には手に取りやすい1台といえるだろう。指紋認証センサーの位置もほどよく、Xperia XZ2に疑問を感じたのであれば、Xperia XZ2 Compactのほうがしっくりするかもしれない。

「Xperia XZ2 Compact SO-05K」の主なスペック
メーカーソニーモバイルコミュニケーションズ
ディスプレー5型液晶(18:9)
画面解像度1080×2160
サイズ約65×135×12.1mm
重量約168g
CPUSnapdragon 845 2.8GHz+1.8GHz
(オクタコア)
内蔵メモリー4GB
内蔵ストレージ64GB
外部ストレージmicroSDXC(最大400GB)
OSAndroid 8.0
最大通信速度下り最大644Mbps
無線LANIEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)
カメラ画素数リア:1920万画素(F値2.0)
/イン:500万画素(F値2.2)
バッテリー容量2760mAh
ワンセグ/フルセグ○/×
防水/防塵IPX5,8/IP6X
生体認証○(指紋)
USB端子Type-C
Qi×
連続待受時間(LTE/3G)約430時間/約490時間
連続通話時間(LTE/3G)約1380分/約990分
カラバリWhite Silver、Black、Moss Green、Coral Pink

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking