2018年09月19日10時00分

低価格でも高級感! 中南米を狙う新たな中国スマホメーカー「Duubee」に迫る

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
411
今年から市場に参入したDuubee

 海外の展示会へ行くと、名も知らないメーカーのスマートフォンを数多く見ることができます。その多くは中国のOEM/ODMメーカーですが、中には自社ブランドで新たに市場に参入を始めたメーカーの出展もあります。2018年9月12日から14日までロサンジェルスで開催されたMobile World Congress Americas 2018(MWCA 2018)で見かけた「Duubee」もそんなメーカーです。

 Duubee(Shenzhen Duubee Intelligent Technologies)は中国・深センのメーカーで、今年からスマートフォンを自社ブランドで展開しています。中国市場はすでに競争が激しく、先進国も大手メーカーの寡占状態のため新興国を主なターゲットにしています。現在は中南米を中心に展開しているとのことです。

411
MWCA 2018のDuubeeブース

 製品数は2種類とまだ少なく、200ドル前後の「Gaia」と100ドル前後の「E3」をラインナップしています。最近では新興メーカーの製品は大手メーカーの製品に倣ったモデル名を付けることが多いのですが、Gaiaだなんて独自の名前を付けるあたり、筆者は好感が持てます。

 上位モデルのGaiaはCPUがクアルコムのSnapdragon 450でメモリーと内蔵ストレージの組み合わせは2GB/16GBまたは3GB/32GB。ディスプレーは5.7型、18:9の1440x720ドット、カメラは1300万+500万画素でフロントは800万画素。3200mAhバッテリーを内蔵し、マルチファンクションの指紋認証センサーも備えます。

411
Gaiaという名の上位モデル。Snapdragon 450を採用

 Duubeeとしては上のモデルですが、他社と比べるとミッドレンジの下位に位置するスペックです。まだブランド力のないメーカーですし、製品を売るためには価格は重要な要素になります。先進国のユーザーから見るとスペックは物足りないかもしれませんが、ボリュームゾーン層向けの製品であることを考えると価格相応のモデルと言えます。

411
背面は高級感ある仕上げ

 とはいえ光沢仕上げのボディーは最近のスマートフォンの流行をしっかり押さえており、価格相応ながらも高級感があります。サファイアブルー、シーガルグレイ、オブシディアンブラックの3色展開ですが、ブラックの背面は指紋認証センサーのくぼみの周囲をゴールド仕上げにするなど細かいこだわりも。細かなところを考えたデザインになっています。

411
ブラックモデルだけ指紋認証センサー周りのカラーリングを変えている

 低価格モデルのE1はSnapdragon 210、メモリー1GB、内蔵ストレージ16GB、5型HDディスプレー、1300万画素カメラ(フロント500万画素)に2000mAhバッテリーというベーシックモデル。片手にすっぽりと収まる小型サイズで、フィーチャーフォンからの買い替えも狙った製品です。

411
エントリーモデルのE1

 どちらのモデルも市場参入第1号機ということで、まずは基本機能を押さえつつ消費者の反応を伺うという製品なのでしょう。デザイン面での差別化は難しいところですが、新興国ではまだまだスマートフォン需要は高いことから、定期的に製品を投入しラインナップを増やしていけば勝算もあるでしょう。

411
E1の背面は無難な仕上げといったところ

 MWCA 2018という大きいイベントに出展することで、世界中から来ているバイヤーもDuubeeの製品を知ったはず。これからどんな製品展開を行なっていくかわかりませんが、来年の同じ展示会ではより多くの製品が並べられていることを期待したいものです。

411
Duubeeロゴ入りグッズも配布。いつの日かこれを欲しがるユーザーが増える日がくるかもしれない

山根康宏さんのオフィシャルサイト

「スマホ好き」を名乗るなら絶対に読むべき
山根博士の新連載がASCII倶楽部で好評連載中!

スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典

 長年、自らの足で携帯業界を取材しつづけている山根博士が、栄枯盛衰を解説。アスキーの連載「山根博士の海外モバイル通信」が世界のモバイルの「いま」と「未来」に関するものならば、ASCII倶楽部の「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」は、モバイルの「過去」を知るための新連載!

 「アップルも最初は試行錯誤していた」「ノキアはなぜ、モバイルの王者の座を降りたのか」──熟練のガジェットマニアならなつかしく、若いモバイラーなら逆に新鮮。「スマホ」を語る上で絶対に必要な業界の歴史を山根博士と振り返りましょう!

→ASCII倶楽部「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」を読む

ASCII倶楽部は、ASCIIが提供する会員サービスです。有料会員に登録すると、 会員限定の連載記事、特集企画が読めるようになるほか、過去の映像企画のアーカイブ閲覧、編集部員の生の声を掲載する会員限定メルマガの受信もできるようになります。さらに、電子雑誌「週刊アスキー」がバックナンバーを含めてブラウザー上で読み放題になるサービスも展開中です。

→ASCII倶楽部の詳細はこちらから!

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking