2018年09月13日20時20分

ビッグローブ、BL-02のソリューションをパッケージ化して提供開始

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
1

 ビッグローブは9月13日から、Android搭載のIoTデバイス「BL-02」とソリューションを組みあわせて、企業の課題解決を支援するパッケージソリューションを提供開始した。

 幅広いニーズに対応するためにパートナー企業と連携して工場、介護、ホテルや農業向けのソリューションを2018年度内で50個まで拡充予定だという。第1弾として、屋内測位ソリューション「iField indoor」と、介護用離床・転倒検知ソリューション「Palette IoT for care」を販売開始。

 iField indoorは、マルティスープと連携した製造業・流通業向け屋内測位ソリューション。60台までのビーコンと3台のBL-02を貸与。クラウドを含む環境設置、測位実証、測位実証レポートを提供する。1ヵ月以内の導入検証パッケージ。初期費用は98万円。

 Palette IoT for careは、Momoと連携した介護用リモート検知ソリューション。ベッド用センサー2台とドア開閉センサー1台、BL-02を組み合わせることで、介護施設で要介護者のリモート検知が可能。パッケージはセンサー、受信機、アプリケーション、BL-02を含む。価格は初期費用が9万2994円で、月額費用は1550円。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking