2018年08月31日10時00分

Galaxy Note9が海外で発売! 純正アクセサリーの販売状況をチェック

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
409
ソウルの江南にあるSamsung d'light shop

 8月24日から「Galaxy Note9」が海外で発売になりました。本体の販売とともに気になるのが純正アクセサリーの販売状況。ニューヨークで行なわれたGalaxy Note9の発表会では、純正ケースやGalaxy Watchと同時充電できるワイヤレス充電台などが披露されましたが、それらも発売になったのでしょうか? さっそく韓国・ソウルにあるフラッグシップストア「d'light Shop」でその状況を見てきました。

 店内は大半のスペースをGalaxy Note9の展示に割いていましたが、壁際にあるアクセサリーコーナーにはもちろんGalaxy Note9のカバーがずらりと展示されていました。一部の製品は自由に試すこともできます。なお、ここに置いてあったGalaxy Gearとのデュアル充電台はまだ未発売。Galaxy Watch発売後に登場でしょうか。

409
Galaxy Note9のカバー類を大々的に展示
409
売れ筋製品は実際に装着して試すこともできる

 Galaxy Note9で新たに登場したのは「レーザーウォレットカバー」。革製のカバーで上品な色合いです。革の質感をそのまま出した色合いはGalaxy Note9に装着すると高級文房具のようなイメージになります。個人的にもこれが今回の一押しと感じました。また、LEDカバーやクリアビューカバーなど従来モデルからある定番品もそろっています。

409
真っ赤な色が映えるレザーカバーはNote9に似合う
409
従来からの定番カバーも各種そろっている

 売れ筋Best 3のカバーも展示されていましたが、やはり一番人気はLEDカバーのようです。過去のGalaxyシリーズの日本販売品はこのLEDカバーはFeliCa搭載のため非対応でした。もしGalaxy Note9が日本で出るならば、今度こそ対応してほしいものです。一方、Best 3には入っていないものの、MILスペック対応のプロテクトカバーはGalaxy Note9を落下から守るタフなカバー。隠れ1位をつけたくなる製品です。

409
売れ筋はLED、クリアスタンド、レザーの順
409
プロテクティブ・スタンディング・カバーはデザインもいい

 そのほか、Galaxy Note9用のディスプレー保護ガラスも販売中。エッジスクリーンのGalaxy Note9だけに、サードパーティー製品の中にはカーブ部分がフィットしていないものもあります。フラッグシップストアで売っているこの製品もサードパーティー製ですが、ここで売っているということは張り合わせに問題ないというお墨付きです。

409
保護ガラスはここで売っているものが安心かも

 そのほかには、Galaxy Note9用のSペンが4色販売されていました。過去のGalaxy NoteシリーズではSペンを後から買うことはあまりなく、すぐには別売されなかったと記憶しています。Galaxy Note9ではBluetoothを内蔵して利用頻度も高まることから、予備のSペンを持つユーザーが増えることを考えているのか、あるいは色違いのSペンを持ちたいと思う人もいるのか……。ちなみに筆者は近いうちにGalaxy Note9を買う予定なので、ここでSペンを4色4本買ってしまいました。

409
早くも4色のSペンが売られている
409
黄色いSペンは本体色青だけに付属。他の本体色を買った人もこれを買って使える

 ところで今回ショップを訪問してちょっとした掘り出し物を見つけました。純正のUSB Type-Cケーブルの2本セットが1万ウォン、約1000円です。1本あたり500円。メーカー純正品だけに、100円ショップなどで買うものよりも安心して使えそう。ということでこれもお買い上げ。なんだかんだ言って、このd'light shopへ来ると何かしら小物を買ってしまう筆者でした。

409
Type-Cケーブル2本セットで1万ウォンは普段使い用によさそう

山根康宏さんのオフィシャルサイト

「スマホ好き」を名乗るなら絶対に読むべき
山根博士の新連載がASCII倶楽部で好評連載中!

スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典

 長年、自らの足で携帯業界を取材しつづけている山根博士が、栄枯盛衰を解説。アスキーの連載「山根博士の海外モバイル通信」が世界のモバイルの「いま」と「未来」に関するものならば、ASCII倶楽部の「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」は、モバイルの「過去」を知るための新連載!

 「アップルも最初は試行錯誤していた」「ノキアはなぜ、モバイルの王者の座を降りたのか」──熟練のガジェットマニアならなつかしく、若いモバイラーなら逆に新鮮。「スマホ」を語る上で絶対に必要な業界の歴史を山根博士と振り返りましょう!

→ASCII倶楽部「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」を読む

ASCII倶楽部は、ASCIIが提供する会員サービスです。有料会員に登録すると、 会員限定の連載記事、特集企画が読めるようになるほか、過去の映像企画のアーカイブ閲覧、編集部員の生の声を掲載する会員限定メルマガの受信もできるようになります。さらに、電子雑誌「週刊アスキー」がバックナンバーを含めてブラウザー上で読み放題になるサービスも展開中です。

→ASCII倶楽部の詳細はこちらから!

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking