2018年08月18日11時00分

夏休みこそ自室にこもって、無料の3Dモデリング「ZBrush Core」

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
週アス_09

SPEC:
メーカー●Plxologic ●発売中 ●CGiN価格 1万7280円

Blenderより簡単にモデリング!

 バーチャルYouTuberの活躍や「VRChat」の人気により、3DCGモデリングを始めたという人を見かける機会が増えています。と言ってもメジャーなモデリングソフトは10 万円越えが当たり前なので、多くの人が無料で使える「Blender」でモデリングを始めています。しかしこのソフト、UIがなかなかに複雑。慣れないうちはとにかくメッシュを張るのに時間がかかるため、最初から人物を作ろうと思うとかなりの根気を要します。

 そこでオススメしたいのが、高級モデリングソフト「ZBrush」の廉価版である「ZBrush Core(ズィーブラシ コア)」です。価格は2万円ほどですが、本家(10万円)に比べればはるかに安価で、初心者が求めているような機能はほとんど網羅しています。ワコムのペンタブにバンドルされてたりもするので、コスパ的にはそちらがオススメです。

週アス_09
【プリセットから形状を選ぶ】いくつかのプリセットが登録されているため、モデル作りも始めやすいです。

 最大のオススメポイントは、「粘土をこねるようにモデリングできる」こと。一般的な3DCGの作成は面張りと頂点の調整の繰り返しですが、こちらは元のオブジェクトを伸ばしたり、引っ張ったり、へこませたりすることで形を作れるため、初心者でもモデルのおおまかな形を作るのが遥かにラクなのです。Blenderだと人間の形にメッシュを張るだけでも一苦労ですが、「Zsphere」などの機能を使えば、30分程度である程度の形は整います。あとは「Move(引っ張る)」「Standard(盛る)」あたりのブラシで細かなディティールを整えていくのがお勧めです。モデルは必然的にポリゴン数が膨大になりがちですが、「ダイナメッシュ」などの機能で随時リトポロジーできるので、それほど気にする必要はないと思います。

 ハウツーは結構ネット上に転がっているので(「ZBrushCore超入門講座」など)、詳しくはググってください。

週アス_09
【ブラシで形状を整える】ブラシ数はフル機能版に比べて少ないですが、 普通になんとかなります。
週アス_09
【便利な「Zsphere」】「Zsphere」を使えば、球体を繋いでモデルの 基本形状を簡単に作れたりもします。

 本ソフトはすべての処理をCPUのみで実行するように作られており、強力なGPUなどは必要ありません。テクスチャペイントのためのUV展開機能がない、FBX形式の書き出しに対応していないといった制限はあるので、必要な場合は補助的にBlenderを活用するか、フル機能版のZBrushにアップグレードするかを選びましょう。

 個人的には、直線が多いタイプのオブジェクトを作るのにはコツが必要だと感じていますが、人型やマスコットのようなモデルは慣れればそれほど難しくないと思います。

次世代バイトリーダー/ジサトラショータ

週アス_09

パソコン自作大好き集団「ジサトラ」の次世代バイトリーダー。北海道出身で暑さに耐えられないので、夏は毎年クーラーをガンガンにかけて家に引きこもっている。秋になったら外に出たいと思っているが、外に出てもすることがないので3Dモデリング 結局家にいる。

ちょいだしじゃ、満足できない人は『週アス』でチェックだ!!

週アス転載_01

 各種電子書籍ストアや「dマガジン」、そしてASCII倶楽部などで読める『週刊アスキー 電子版』。2018年8月14日発売の1191号では、アスキーの編集者、総出で夏ガジェット&魅力的なサービスを紹介中。

 最新ニュースや人気連載など、ほかにもコンテンツはたくさん! ウェブでちょい見せしている製品・サービス以外にも魅力的なものをいろいろ紹介しているので、興味のある人はぜひ見るべし。

■関連サイト

週アス転載_01

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking