2018年08月17日11時00分

10万円ちょいで手に入るライカ?「HUAWEI P20 Pro」

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
週アス転載_07

SPEC:
●HUAWEI ●発売中 ●機種代金 10万3680円(総額)

スマホじゃない、これはカメラだ!

 私がこの夏に涼しい自宅でいじり倒すのにオススメしたいガジェットはHUAWEI P20Proだ。このスマホはライカのモノクロ、カラー、ズームの3種のレンズを備えたトリプルカメラを乗せたスマホ。コンパクトデジカメに載せているような1/1.7のセンサーを搭載し、最高ISO102400という超高性能なスペックのカメラを載せているのである。なので自然の風景や街の夜景を、きれいに撮影できるのはもちろんだが、ちょっと暗い室内の撮影でもきれいに撮影できるのある。自宅で飼っているペットの撮影はもちろん、お気に入りのガジェットやフィギュア、料理やスイーツなどの撮影でもきれいに撮ることができるのである。

週アス転載_07
【ライカレンズ搭載スマホ】なんといってもライカレンズがとても魅力的。これで自分もライカユーザーになれたといえる。

 こちらのスマホはただ適当にパシャパシャとってもきれいに撮影できるが、まるで一眼レフのようにマニュアルで本格的に撮影できる「プロモード」がある。「プロモード」ではシャッタースピードやISO感度、絞り、ホワイトバランスを自分の好きな設定に変えられるので一眼レフなどと同じように撮影できるのである。さらに「プロモード」ではRAW撮影に対応している。撮影後、簡単にスマホで編集できるのはもちろんだが、PCでLightroomやPhotoshopなどで本格的に写真現像できるのでトコトン写真を楽しめる。

週アス転載_07
【徹底的に仕上がりにこだわれる】水準器やカメラグリッドなど撮影補助機能も満載。プロモードではRAW形式で撮影できる。

 P20Proのカメラは「ライカ」ブランドを冠していることが一番魅力的なポイントだと私は思う。通常ライカユーザーになるには、一般的な一眼レフやミラーレスカメラを購入するよりも、かなりの金額がかかってしまう。だが P20Proならば、端末代約10万円ほどで、晴れてライカユーザーになれてしまうのである。ライカブランドに憧れている人ならば、かなりお安い価格ではないだろうか。

 カメラだけでない。スマホとしても、CPUは2.4GHz+1.8GHzのkirin970、メモリーは6GB、容量128GBとハイスペックなスマホとなっている。なのでPUBGやフォートナイトなどの高い負荷のゲームもサクサクできてしまうのである。

 この夏新しいスマホ、または新しいカメラがほしいと思っている方は、最強カメラと最強のスペックをほこるP20Proをオススメしたい。自宅でもかなりいじり倒したスマホだ

映像班 ふじくん

週アス転載_07

アスキーで動画編集や生放送の配信のお仕事をしている人。好きなことはバイクとカメラと寝ること。P20 Proのカメラが良すぎて、持っている一部のカメラやレンズを売ってしまうほどP20 Proの写真が気に入っている。もうコンデジは不要かもしれない。

ちょいだしじゃ、満足できない人は『週アス』でチェックだ!!

週アス転載_01

 各種電子書籍ストアや「dマガジン」、そしてASCII倶楽部などで読める『週刊アスキー 電子版』。2018年8月14日発売の1191号では、アスキーの編集者、総出で夏ガジェット&魅力的なサービスを紹介中。

 最新ニュースや人気連載など、ほかにもコンテンツはたくさん! ウェブでちょい見せしている製品・サービス以外にも魅力的なものをいろいろ紹介しているので、興味のある人はぜひ見るべし。

■関連サイト

週アス転載_01

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking